ここから本文です

ファイナンシャルプランナーに聞いた!家計がうまく回っている夫婦の条件とは? [with]

講談社 JOSEISHI.NET 8/29(月) 20:00配信

「今はお金を自由に使えるけど、結婚後は使える額が減っちゃうの?」「結婚したら、二人でどんなふうに家計を分担すればいいの?」――。そんな疑問を解消すべく、数多くの家計を診断してきたプロのアドバイスを伺いました!



結婚前にしっかりお金について話し合おう!

「彼とお金の話をするのは気まずいという人もいるかもしれません。でも、結婚して長く生活を共にするなら、できるだけ早い段階で、二人で話し合う機会をつくりましょう」と話すのは、多くの家計を救ってきたファイナンシャルプランナーの横山光昭さん。「これまで多くの家計相談を受けてきましたが、家計がうまく回っている夫婦の条件は、世帯収入や支出について、二人が情報を共有できていること。そして月々の生活費やおこづかい、貯蓄法などについて、きちんとルールを決めている夫婦ほど、二人の仲もいいんです」。結婚前に、貯蓄額やローンの額を教え合い、さらにお互いの金銭感覚の違いを認識しておくことも大切。「男性と女性では、お金をかけたいところが違うもの。大まかな使い道を話し合って、価値観をすり合わせることがうまくいくコツです」。

まずは、二人の「夫婦口座」を作るのがおすすめ!

夫婦別財布よりも、夫婦の財布を一つにすることでお金が貯まりやすくなり、夫婦仲もよくなるそう!



「お互いの収入からおこづかい分を引き、残りは夫婦の口座へ。家賃などの引き落としだけでなく、食費などの生活費や、月々の貯蓄もこの夫婦口座から。可能なら、二人のレジャー費など、できるだけここからの支出を増やしましょう。『おこづかい』のバランスをとるために、『二人の外食費は夫のおこづかいから』などの条件をつけても」(横山さん)

最終更新:8/29(月) 20:00

講談社 JOSEISHI.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。