ここから本文です

マライア・キャリーの55歳の姉、売春で逮捕

女性自身 8/29(月) 11:18配信

マライア・キャリー(46)の実姉アリソン・キャリー(55)が米国時間26日、ニューヨークのホテルで潜入捜査中の警察官に売春を持ちかけて逮捕されたとDaily Freemanが報じた。当局によるとアリソンはHIV陽性であり、彼女と性的接触を持った人は医師の検査を受けることが推奨されているという。

アリソンは顧客を装った警察官と逗留中のホテルに入り、性的サービスと引き替えに金銭を要求したことから現行犯逮捕された。

逮捕される直前、彼女が掲載したインターネット広告には、妹マライアのヒット曲「Fantasy」の一節が転用されていた。

「私は美女で、ちょっとした楽しみや快楽の世界を求める男性を探しています。女性なら誰でも、地面を動かし、星を見せてあげられる。でも私なら……“でもそれはただの甘い空想。目を閉じるとあなたがやってきて……”」

同一ユーザーによる広告は7月31日と8月15日にも掲載されており、余罪があることは明らか。

かつてForbes誌で「エンタメ業界で最もリッチな女性20人」にも選ばれたマライア・キャリーの姉は1,000ドル(約10万円)の保釈金が払えず、現在アルスター郡刑務所に収監されている。今年3月に、アリソンは妹に宛てて「マライア、愛しているわ。あなたの助けが必要なの。お願い、私を見捨てないで」と語りかけるメッセージビデオをDaily Mail経由で公開していたが、救いの手は差し伸べられなかったようだ。30日にはソーガティズ裁判所に出頭する。

最終更新:8/29(月) 12:10

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。