ここから本文です

マンUが来夏も移籍金史上最高額を更新!? ベイル獲得に133億円を準備と英紙報じる

Football ZONE web 8/29(月) 17:26配信

レアルが契約更新に合意と報じられるなか、強奪計画を進行中?

 マンチェスター・ユナイテッドが、2年連続でフットボール史上最高額の移籍金を更新する可能性が浮上している。来夏のナンバーワン補強ターゲットとしてレアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルに照準を合わせ、1億ポンド(約133億円)の移籍金を準備しているという。英地元紙「デイリー・スター」が報じている。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 ユナイテッドとレアルという移籍市場での最大のバトルが、来夏に繰り広げられるという。レアルがスピードスターと新たに5年契約を結び直すことで合意したとスペインメディアが報じるなか、ユナイテッドが水面下で着々と強奪計画を進めているという。

 ユナイテッドは今夏、フランス代表MFポール・ポグバを8900万ポンド(約120億円)の移籍金で獲得。2013年にトットナムからレアルに移籍したベイルの移籍金8600万ポンド(約114億円)の最高記録を更新するビッグディールとなったが、それを上回る133億円オファーを来夏のベイル獲得に向けて準備しているという。これが実現すれば、ユナイテッドが2年連続で移籍金の史上最高額を更新する一方、ベイル自身も歴代高額移籍金ランキングのトップの座に返り咲くことになる。

“アディダスマネー“で捻出可能か

 ユナイテッドはアディダス社と10年間で総額1300億円のスポンサー契約を結んでおり、この“アディダスマネー“によってベイルの移籍金は捻出可能となっている。

 ベイルは昨季リーガ19得点11アシストと活躍。在籍3年間で2度のUEFAチャンピオンズリーグ制覇の立役者にもなっており、レアルへの愛着を常々表明している。英雄クリスティアーノ・ロナウドに並ぶほどのエースに成長しているが、来夏衝撃のメガディールの主人公となるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/29(月) 17:26

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。