ここから本文です

デ・ロッシ、未来のローマ主将“落第”。キャプテンマークを後輩へ奪われる

フットボールチャンネル 8/29(月) 9:50配信

 来季からローマのキャプテンになるダニエレ・デ・ロッシの将来に暗雲が漂っているようだ。28日付の伊紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 現地時間28日に行われたイタリア・セリエA第2節で予期せぬハプニングが起きた。ローマの主将フランチェスコ・トッティが怪我で欠場したために、副主将のデ・ロッシがキャプテンマークを巻くものだと思われていた。しかし、ローマの生え抜きである後輩のアレッサンドロ・フロレンツィがマークを巻いて試合に出場している。

 デ・ロッシは、先日ポルトと対戦したチャンピオンズリーグ(CL)2ndレグで、40分にした愚かな行為によりキャリアで14回目の退場処分を下された。その重大で無責任なミスが、キャプテンマークをはく奪される原因となっている。

 そのことについて、ローマのルチアーノ・スパレッティ監督が説明した。同監督は、「我々は結束したグループだ。デ・ロッシも全員が守るべき規則があることに納得している」と返答。そして、「この状況はこれから先もまだ続くべきだね。彼とはチームの前で言う前に面と向かって話をした」と本人に直接その理由を説明したことを明かしている。

 トッティが今季で現役を引退するために、来季からローマのキャプテンとなるデ・ロッシ。しかし現在結ばれている契約は、今季終了後に期限を迎える。そのことからも、CLでの愚行が今後に影響を及ぼすことになるかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:8/29(月) 11:40

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。