ここから本文です

アルカセルが“第4のFW”として34億円でバルサ移籍へ バレンシアは攻守の要を失う緊急事態に…

Football ZONE web 8/29(月) 21:51配信

“MSNトリオ”の控えとして昨季13得点の実力者が王者行きを決める

 バレンシアのスペイン代表FWパコ・アルカセルが、バルセロナ移籍に関するメディカルチェックをパスし、事実上の移籍が決まった。バルサはメッシ、スアレス、ネイマールの最強3トップのサブの獲得にようやく目処が立った。スペイン地元紙「スポルト」が報じている。

歴代の名手が勢揃い! バルサが売却した「高額移籍金選手トップ10」

 昨季リーガ34試合13得点のアルカセルは、エイバル戦のメンバーから外れていた。バルサは3000万ユーロ(約34億円)のオファーを出し、アルカセルとの5年契約で合意に達していた。そして、ストライカーは29日午前にメディカルチェックをパスしたという。

 アルカセルはフレン・ロペテギ新監督の就任したスペイン代表にも招集されており、代表戦前に移籍手続きが完了となる予定だ。

 バルセロナはチリ代表GKクラウディオ・ブラーボをマンチェスター・シティに放出する代わりに、アヤックスからオランダ代表GKヤスパー・シレッセンを獲得するなど移籍市場終盤に来て慌ただしい動きを見せている。一方、バレンシアは移籍市場閉幕寸前でアーセナルへドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィが移籍したのに続き、アルカセルも流出と、攻守の要を失う緊急事態となった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/29(月) 21:51

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。