ここから本文です

香川が描く理想のトップ下像。ドルトとは異なるハリルJで背番号10に求められること

フットボールチャンネル 8/29(月) 10:41配信

 W杯のアジア最終予選がいよいよ始まる。厳しい戦いを勝ち抜くために、何人かのキーマンがいるが、そのうちの1人が香川真司だ。所属するドルトムントでも定位置を確保。代表と同様、トップ下としてプレーしている。香川が描く理想のトップ下像とは何か。(取材・文:元川悦子)

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

いよいよ最終予選。状態のいい香川

 過去のW杯アジア最終予選初戦は波乱含みの展開になるのが常。相手がラマダン中だった2010年南アフリカ大会最終予選初戦・バーレーン戦(マナマ)の3-2、本田圭佑(ミラン)のカウンターパンチが利いた2014年ブラジル大会最終予選初戦・オマーン戦(埼玉)の3-0など、比較的楽に勝ち点3を得られた時も確かにあった。

 が、大黒将志(現・山形)の終了間際の決勝弾で何とか白星を手にした2006年ドイツ大会最終予選初戦・北朝鮮戦(埼玉)などは、誰もが手に汗握る緊張感を覚えたはずだ。9月1日に迫った2018年ロシア大会の最終予選初戦・UAE戦(埼玉)は果たしてどのような展開になるのか。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は28日から埼玉県内で事前調整をスタートさせた。初日の練習参加者は強行日程で帰国した長谷部誠(フランクフルト)、浅野拓磨(シュツットガルト)ら17人。

 長友佑都(インテル)と槙野智章(浦和)の負傷離脱によって追加招集された丸山祐市(FC東京)と遠藤航(浦和)もいち早く合流。軽い調整をこなした。GK陣はエンヴェル・ルグシッチ新GKコーチとの初練習を消化した。

 27日のドイツ・ブンデスリーガ開幕戦・マインツ戦でフル出場した香川真司(ドルトムント)も軽快な走りを見せていた。6月のキリンカップではブルガリア戦(豊田)で負傷し、ボスニア・ヘルツェゴビナ戦(吹田)を棒に振ったため、今回は満を持して体調を整え、ピッチに立とうとしている。自身三度目となる最終予選へのモチベーションは非常に高い。

 その香川は、トーマス・トゥヘル監督体制2年目のボルシア・ドルトムントでは目下トップ下の定位置を確保。状態はいい。

1/3ページ

最終更新:8/29(月) 11:42

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。