ここから本文です

最終少女ひかさ、“有言実行”でワンマンライブツアー開催を急遽決定

リアルサウンド 8/29(月) 21:11配信

 最終少女ひかさが、『ワンマンライブツアー「GEKOKUJO! 2016冬」』を12月に東京、札幌、大阪にて開催することを発表した。

 先日、8月24日東京・下北沢BASEMENT BARにて行われた『Beat Happening!』に最終少女ひかさが出演した際、ボーカル但野がMCでアンコールの楽曲をリクエストした観客に対し、「その曲は歌わない。歌いたい歌を歌う。自分を超える」と伝え、ライブでのみ披露するバラード曲「豊平川」を歌唱。その歌の中で「(リクエストしてくれた観客に対し)いつか絶対やるから...。ワンマンだったら何でもできるからやりに来るよ」と発言したことをきっかけに、「有言実行でありたい」という但野の信念のもと、急遽ツアーの開催を決定したのだという。

 なお、今回のツアーは、12月5日大阪・心斎橋VARON、12月6日東京・新代田FEVER、12月18日札幌・BESSIE HALLにて行われる。

リアルサウンド編集部

最終更新:8/29(月) 21:11

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。