ここから本文です

韓国サッカーの宿命“兵役“。知られざる義務と免除の仕組み。ソン・フンミンには最後のチャンスと裏技も

フットボールチャンネル 8/29(月) 11:20配信

今夏行われたリオデジャネイロ五輪。サッカーではブラジルが国史上初の金メダルを獲得した一方で、日本はグループリーグ敗退、韓国はベスト8敗退となった。特に韓国の選手たちにとってこの結果は受け入れがたいものであったはずだ。国の事情により、兵役制度が存在しているからだ。(文:キム・ドンヒョン【城南】)

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

兵役は「国民の義務」。アスリートにはある「特恵」が

 今夏を盛り上げたリオデジャネイロ五輪がいよいよ幕を閉じた。サッカーではブラジルが自国史上初の金メダルを獲得し、歴史に名を刻んだ。ネイマールの号泣は記憶に新しい。残念ながら、韓国と日本はそれぞれベスト8、グループリーグ敗退という成績に終わった。特に韓国のメダル獲得失敗は、選手たちのキャリアへの影響は計り知れない。その影響とは”兵役の義務”だ。

 兵役はおそらく日本の読者にはピンと来ない話であろう。韓国は1950年から始まった朝鮮戦争の休戦協定を1953年に結んでいる。すなわち決して戦争は終わったのではなく、北朝鮮とは”休戦”状態なのだ。

 今でも年間20万人にのぼる19歳から32歳の若者たちが(軍隊の種類によって期間は相違であるが)社会と離れ、およそ2年間兵役の義務を果たさなければならない(筆者も韓国国籍を持っており、2010年から2012年まで海兵隊で義務を果たした)。

 義務であるため、免れるためには正当な理由が必要だ。大きな怪我を負った前歴、障がい、不遇な家庭環境、移民による外国籍取得など免除の理由はそれぞれ。アスリートでも大きな怪我を負っている選手ならば一定の書類を提出し、身体検査を受けることで免除が可能だ。4年前、Kリーグの試合で膝十字靭帯断裂の重傷を負った韓国代表DFホン・ジョンホ(江蘇蘇寧)がこのケースに当たる。つまり、健康で、一般的な身体能力や環境を持っていれば、兵役の義務を果たさなければならないのだ。

 しかしスポーツ選手には特例の手段がある。韓国兵役法第33条7項1号には「入隊対象の中、大統領令で定める芸術・体育分野の特技者として文化体育観光部長官が推薦する人を芸術・体育要員として編入することが可能」と書いてある。「大統領令」で定める条件は「五輪3位内・アジア競技大会1位」だ。

 2012年ロンドン五輪での銅メダル獲得によって、ク・ジャチョル、チ・ドンウォン(以上アウグスブルク)、パク・チュヨン(元アーセナル、FCソウル。彼の場合はもう少し複雑。下記にて補足する)、2014年仁川アジア競技大会で金メダルを獲得したチャン・ヒョンス(元FC東京、現北京)などはこの制度が適用され、兵役の義務から免除された。

1/3ページ

最終更新:8/29(月) 14:27

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ