ここから本文です

ハーフナー、“パネンカPK”大失敗! 監督も激怒「普通にシュートすべきだった」

フットボールチャンネル 8/29(月) 11:20配信

 オランダ・エールディビジのADOデン・ハーグに所属する日本代表FWハーフナー・マイクは、PK失敗によって指揮官の怒りを買ってしまったようだ。蘭メディア『omroepwest』が伝えている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 現地時間28日、デン・ハーグはホームでヘラクレス・アルメロと対戦。0-1のビハインドで迎えた前半28分、ハーフナーは同点ゴールを叩き込んで今季リーグ戦3得点目を挙げた。

 試合終盤にデン・ハーグはPKを獲得。勝ち越しの絶好のチャンスでハーフナーがキッカーを務めるが、“パネンカ”で狙ったシュートは大きく枠の上を通り過ぎ、ゴールとはならなかった。

 “パネンカ”とは、PKの際に相手GKの不意を突いて緩やかなループシュートをゴール正面に蹴る技術であり、フランチェスコ・トッティらが得意とする技である。

 試合後、“パネンカ”失敗によって勝ち越しゴールを逃してしまったハーフナーは、「自分自身に失望している。角に蹴るべきだった。決められれば美しかった。しかし、失敗してしまえば愚かなことだ」と述べ、反省を口にした。

 また、かつて浦和レッズでも指揮を執ったゼリコ・ペトロヴィッチ監督はハーフナーの“パネンカ”失敗について、怒りを露わにしている。

「私は人生で一度もパネンカを期待したことなんてない。マイクはPKを外してしまったが、恥ずべきことだ。誰にでも起きることだから問題はない。しかし、これはADOのスタイルではない。普通にシュートすべきだった。まったく酷いことだ」

 昨季は16得点を挙げてチーム得点王に輝き、今季も好調を維持しているハーフナーだが、9月に行われるワールドカップアジア最終予選の日本代表メンバーからは外れている。

フットボールチャンネル

最終更新:8/29(月) 11:22

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。