ここから本文です

これがバルサ守護神の証左。T・シュテーゲン、パス本数でリーグ記録を樹立

フットボールチャンネル 8/29(月) 16:11配信

 バルセロナのドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンは、現地時間28日に行われたアスレチック・ビルバオ戦で、GKのパス本数最多記録を樹立した。スペイン紙『アス』が報じている。

【写真】スタンドの花、世界の美女サポーター競演

 テア・シュテーゲンはビルバオ戦で54本のパスを出し、そのうち46本を成功させ、成功率85%という記録を叩き出した。

 高度で精密なパスワークを信条とするバルセロナにおいて、GKにも足元の技術や正確なパスワークが求められる。それだけに、今回のテア・シュテーゲンの記録はバルセロナの守護神を務めるの相応しいと証明するデータとなった。

 この夏にはリーグ戦で出場機会を得ていたチリ代表GKクラウディオ・ブラーボがマンチェスター・シティへ移籍したことで、テア・シュテーゲンに今季初となるリーグ戦の出場機会が回ってきた。

 ルイス・エンリケ監督はこれまでリーグ戦はブラーボ、チャンピオンズリーグなどのカップ戦はテア・シュテーゲンを固定して起用しており、ビルバオ戦はバルセロナ3年目となるテア・シュテーゲンにとってリーグ戦出場8試合目となった。

フットボールチャンネル

最終更新:8/29(月) 16:22

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)