ここから本文です

本田、初戦の重圧も力に変える「いいプレッシャーを感じながら、やることをやる」

フットボールチャンネル 8/29(月) 21:40配信

 日本代表は29日、来月初旬のロシアW杯予選に向け、合宿2日目の練習を行った。本田圭佑はこの日、帰国しチームに合流した。

 セリエAは2試合を消化しているが、本田はミランで未だ出場機会を得られていない。コンディションが心配されるが「一時期よりは良くなってきて、個人的にはいいんですけどね。実際でもやってみないと分からないこともある」と述べた。

 ハリルジャパンの攻撃陣は本田ら経験豊富な選手もいるが、最終予選を経験したことのない選手も名を連ねる。引き続き日本のリーダーとしての役割が、本田には求められている。その中で、前線の選手として結果にもこだわるつもりだ。

「得点に絡む働きをしたいと思っている。アジアでの戦いというのはまたワールドカップとも別物ですし、割と自分たちが主導権を握れるものの、引いた相手に対してどう崩すのか。開始直後からある程度、自分のペースに持っていくってことが求められていると思う」

【動画】本田、得点を生む“6つの技”を伊メディアが動画で紹介

 初戦の相手はUAE。アジアカップ準々決勝で、日本はPK戦の末に敗れた。「身体能力の高い選手も増えてきて、本当にある程度戦えるメンツになってきたなというところが、やはり我々にとってすごく警戒しているところ」と本田は話し、こう続ける。

「とはいえ、勝たないといけない相手という認識の中でどうやって勝つか。いいプレッシャーを感じながら、しっかりやることをやるってところを徹底すれば必ずいけると思う」

 最終予選のスタートということで硬くなる選手もいるかもしれないが、本田の言うように「いいプレッシャーを感じながら」戦いたいところだ。大事な初戦をモノにすれば、チームも勢いを得ることができるはずだ。

(取材:元川悦子)

フットボールチャンネル

最終更新:8/29(月) 21:45

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。