ここから本文です

【J1採点&寸評】湘南×G大阪|湘南8連敗…。一方、G大阪は首位・川崎と勝点2差に大接近、MOMは逆転勝利の立役者――

SOCCER DIGEST Web 8/29(月) 0:26配信

湘南――猛烈な雨を切り裂いた三竿のスーパーショット。だが…2失点に関与してしまう。

【チーム採点・寸評】
湘南 5.5
豪雨のなか、縦に次々と仕掛けてサイドを攻略し、三竿のスーパーショットで先制に成功。ただミスからボールを奪われ出すうちに2失点……。何度かチャンスを作ったものの、徐々に相手に主導権を握られた。いかにして崩すかという攻撃に軸足を置いているが、守備からリズムを悪くしている。8連敗で、J1残留へ黄信号が灯った。
 
【湘南|選手採点】
GK
25 タンドウ・ベラピ 5.5
FKやクロスなどロングボールが次々と飛んできて、パンチングにいって滑るなど雨に苦しんだ。後半、抜け出した大森との1対1を止めるなど貢献。悪コンディションのなか、強烈なキックが効果を発揮していた。
 
DF
36 岡本拓也 6
サイドに張り出してきたアデミウソンに“強気”の守備で主導権を握らせず。倉田や大森のスピードに手を焼きつつも、最後のところでしっかり踏ん張っていた。
 
4 アンドレ・バイア 6
先制直後、アデミウソンのシュートへの身体を張ったブロックは痺れるプレーだった。長沢にはほとんどポストプレーをさせていなかったが……。終盤は前線に上がり、パワープレーに参加。
 
6 三竿雄斗 5.5
台風接近に伴う強い雨を切り裂く左足のショットを叩き込む。しかし守備面では、長沢に背後を取られ、さらにマークを外されて、2失点に絡んでしまった。ゴールの採点は「7」を与えられるが、トータルでは減点にせざるを得ないか……。
 
MF
26 奈良輪雄太 5.5
馬力のあるプレーでアクセントを与えた。カウンターから惜しいクロスを放ったが、高山が合わせ切れなかった。終盤は左サイドにポジションチェンジ。ただ、全体的にチャンスに絡む回数が少なかった。
 
16 石川俊輝 5.5
中盤の真ん中でチームをコントロールし、ボールの収まりどころとして機能し、惜しいミドルも放った。ただし、求められた「結果」につなげるプレーを見せられなかったのが、相手との差になってしまった。
 
28 神谷優太 5.5(66分OUT)
スペースに顔を出してパスを受け、サイドチェンジでリズムを作る。しかし前線の3人と連動した攻撃が限られて途中交代に。
 

J2降格危機の湘南。無人のスタジアムで、背番号1がずぶ濡れになり居残り練習。その想いとは?

1/4ページ

最終更新:8/29(月) 0:26

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。