ここから本文です

【U-18プレミア第10節ひとまとめ】横浜が柏に5発圧勝。WESTは広島ユースが首位に!!

SOCCER DIGEST Web 8/29(月) 6:30配信

EASTは市立船橋、WESTは広島ユースが首位に立つ。

 高円宮杯U-18プレミアリーグは8月27、28日に第10節を消化。インターハイ、日本クラブユース、そして各年代の日本代表戦を経て、いよいよ後半戦が幕を開けた。
 
 EASTでは、ともに上位浮上のために負けられない横浜ユースと柏U-18が小机で激突。18分に横浜ユースがCKの流れからDF板倉洸が頭で決めて先制すると、柏U-18も負けじと35分、敵DFが後逸した球に鋭く反応したFW大谷京平が抜け出し、豪快に左足を振り抜く。がっぷり四つの展開のまま、1-1で前半を折り返した。
 
ところが後半、試合が一気に動く。59分に横浜ユースがゴール前の混戦からFW渡辺力樹のパワフルヘッドで勝ち越すと、64分にMF山田康太が、74分にはDF藤田一途がそれぞれカウンターから加点し、瞬く間にリードを広げる。極めつけは82分だ。1年生アタッカーの椿直樹がマーカーを振り切って左サイドを打破し、最後はGKの股を抜くショットで5-1。ファインゴールで圧勝劇を締めくくった。
 
柏U-18は後半頭から投入されたエースFW中村駿太を軸に反攻を仕掛けたが、再三のチャンスで決定力を欠き、前がかりになってはしっぺ返しを食らう繰り返し。永井俊太監督は「攻撃にテンポがなく、相手のいいところばかりを出させてしまった」と語った。
 
インターハイ王者の市立船橋は新潟ユースに2-1で勝利し、首位を堅持。後半にMF高宇洋、MF郡司篤也が得点して優位に試合を進め、相手の反撃を1点に食い止めた。インターハイ準決勝と同カードの青森山田と流経大柏の一戦は、MF高橋壱晟の2ゴールで前者がリベンジを果たし、2位をキープしている。
 
WESTは首位にC大阪U-18が大分U-18と引き分け、京都U-18に1-0で競り勝った広島ユースが首位に浮上。調子の上がらないG大阪ユースは大津高に0-3の完敗を喫し、優勝争いから一歩後退した。
 
EAST・WEST両リーグの結果と順位表は以下のとおり。
 
◇プレミアリーグEAST第10節・結果
8月27日
●新潟U-18 1-2 ○市立船橋
得点:新=中野優也(90分) 市=高宇洋(64分)、郡司篤也(78分)
●清水ユース 0-1 ○FC東京U-18
得点:生地慶充(50分)
 
8月28日
○横浜ユース 5-1 ●柏U-18
得点:横=板倉洸(18分)、渡辺力樹(58分)、山田康太(63分)、藤田一途(73分)、椿直起(81分) 柏=大谷京平(35分)
 
○青森山田高 2-0 ●流経大柏
得点:高橋壱晟②(2分、64分)
 
●鹿島ユース 1-2 ○大宮ユース
得点:鹿=篠崎輝和(80分) 宮=植松亮(8分)、小柏剛(73分)
 
◇プレミアリーグEAST・順位表(第10節終了)
1位 市立船橋               勝点21 6勝3分け1敗 得失点差+8
2位 青森山田                  勝点20 6勝2分け2敗 得失点差+10
3位 FC東京U-18       勝点19 6勝1分け3敗 得失点差+10
4位 大宮ユース              勝点16 5勝1分け4敗 得失点差-4
5位 横浜ユース              勝点15 4勝4分け2敗 得失点差+5
6位 清水ユース              勝点14 4勝2分け4敗 得失点差-2
7位 柏U-18                 勝点13 4勝1分け5敗 得失点差±0
8位 鹿島ユース              勝点10 2勝4分け4敗 得失点差-3
9位 新潟U-18              勝点7  1勝4分け5敗  得失点差-14
10位 流経大柏                勝点4  1勝1分け8敗 得失点差-10
 
 
◇プレミアリーグWEST第10節・結果
8月27日
○大津 3-0 ●G大阪ユース
得点:田中匠(16分)、杉山直宏(39分)、藤山雄生(64分)
 
△大分U-18 1-1 △C大阪U-18
得点:大=野上拓哉(62分) C=喜田陽(44分)
 
△東福岡 0-0 △神戸U-18
 
8月28日
○広島ユース 1-0 ●京都U-18
得点:明比友宏(68分)
 
●名古屋U-18 1-2 ○神戸弘陵
得点:名=杉田将宏(62分)、神=谷後滉人(80分)、村山健(82分)
 
◇プレミアリーグWEST・順位表(第10節終了)
1位 広島ユース              勝点25 8勝1分け1敗 得失点差+14
2位 C大阪U-18          勝点23 7勝2分け1敗 得失点差+15
3位 東福岡                     勝点20 6勝2分け2敗 得失点差+6
4位 神戸U-18              勝点18 5勝3分け2敗 得失点差+5
5位 G大阪ユース           勝点16 5勝1分け4敗 得失点差+3
6位 大津                         勝点9 3勝0分け7敗 得失点差-10
7位 名古屋U-18          勝点8 2勝2分け6敗 得失点差-4
8位 京都U-18              勝点8 2勝2分け6敗 得失点差-7
9位 神戸弘陵                  勝点8 2勝2分け6敗 得失点差-12
10位 大分U-18            勝点7 2勝1分け7敗 得失点差-10
 

【プリンスリーグ第10節】横浜ユース 5-1 柏U-18

最終更新:8/29(月) 6:30

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。