ここから本文です

ラニエリが攻守に奔走した岡崎を大絶賛!「シンジのレスターでのキャリアでもベスト」

SOCCER DIGEST Web 8/29(月) 16:18配信

現地紙は二度のミスショットを指摘。

 現地時間8月27日プレミアリーグ3節で、レスターはスウォンジーを2-1で下し、今シーズン初白星を手にした。
 
 この試合でレスターに違いをもたらしたのが、2試合連続でスタメン出場した岡崎慎司だ。
 
 最前線からのチェイシングでいつものようにチームの守備をサポートすれば、攻撃面でも43分に相手ゴールに迫る強烈なミドルシュートを放ち、55分には果敢な仕掛けからPKを奪取した。
 
 試合途中から強まった豪雨のなかでも、運動量を落とすことなくピッチを走り続けた岡崎には、80分にベンチに退く際にスタンドから万雷の拍手が送られた。
 
 指揮官のクラウディオ・ラニエリは、試合後の会見で岡崎について「シンジのレスターでのキャリアの中で最高の試合の一つだったね」と褒めちぎった。
 
 また、地元紙『Leicester Mercury』も岡崎に対し、採点7高評価。「ジェイミー・ヴァーディーと素晴らしい関係性を披露した」と綴り、エースとの連携面にも言及した。
 
 しかし一方で同紙は、ミドルシュートとリャド・マハレズがPKを止められた直後のこぼれ球を相手GKの正面に蹴ってしまったシーンついて、「PKのはねかえりは押し込むべきだった」と指摘した。
 
 今シーズンはここまで出場した3試合で得点こそないものの、キレのある動きを見せている岡崎について日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、「代表とクラブでは全く役割が違う」と公言している通り、9月1日のUAE戦と9月6日のタイ戦ではゴールが求められる。はたして、日本に歓喜をもたらす一発を決めることができるだろうか。

【日本代表PHOTO】アジア最終予選に向けた日本代表メンバー24人

最終更新:8/29(月) 16:37

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。