ここから本文です

欅坂46にアンダーグループ「けやき坂46(ひらがなけやき)」誕生! 命運を握る新星・柿崎芽実が語る内幕

週プレNEWS 8/29(月) 15:00配信

今年4月に『サイレントマジョリティー』でデビューして以来、破竹の快進撃を続けるアイドルグループ・欅坂46が、早くも2回目のオーディションを実施し、新たにアンダーグループを始動させた。その名も「けやき坂46」、通称“ひらがなけやき”だ。

【画像】グラビア初体験!の柿崎芽実

そのけやき坂46の中でも、最年少の美少女・柿崎芽実(めみ・14)ちゃんが、グラビア初体験! 発売中の『週刊プレイボーイ』No.37に、初々しい人生初ソログラビアが掲載されている。

そこで早速、グループの命運を握るこの新たなスター候補生にインタビューを敢行した。

―柿崎さんの下の名前の“芽実”って、ちょっと珍しいですよね。由来は聞いてますか?

柿崎 はい。植物の成長過程の“芽”から“実”の間には、“花”があるじゃないですか。だから、わざと芽と実だけにして、その間にある花を表したって親が言ってました。逆説的な表現っていうのかな?

―お~、しゃれた由来ですね。メンバーからはなんて呼ばれてる?

柿崎 “めみい”とか、“めみたん”とか…。でも「~たん」はちょっと恥ずかしいです(照)。“カッキー”みたいな親しみやすいニックネームで呼んでいただけると嬉しいです。

―柿崎さんは長野出身なんですよね?

柿崎 はい。東京は人が多いし、なぜかみんな急いで歩いてるから、ちょっと怖いです(笑)。東京駅も広すぎて、いっつも困ります。

―長野のどんなところで育ったの?

柿崎 うちはそんなに田舎じゃないと思うんですけど、周りはどこを見ても山です(笑)。小さい頃は女の子より男の子と遊ぶほうが好きだったから、よく木登りをしてました。前に、外から帰ってきたら、服にカブトムシがついてたことがあります。

―結構な田舎じゃないですか…! 今回のグラビアでは、土手を走るシーンも撮影しましたが、脚が速いそうですね?

柿崎 そう、ですか。なんか、今年の体力測定で、全校女子の間で2位になっちゃって…。

―めちゃくちゃ速いじゃないですか! 陸上部なの?

柿崎 いえ、美術部です(笑)。特に走る系の習いごともしてなかったんですけど、小学5年生の時に急に速くなったんです。それからは学校でもずっとリレーの選手をしています。

―見た目からは想像がつかない才能ですね。けやき坂46は活動を始めたばかりですが、グループの雰囲気はどんな感じですか?

柿崎 欅坂46さんはカッコいいイメージなんですけど、けやき坂46のメンバーは、みんな…ふわふわしてます(笑)。特に年上のメンバーにふわふわしたコが多いです。うふふ。
―レッスンは楽しい?

柿崎 はい、楽しいです。お互いにダンスを教え合ったり、昔の自分の写真を見せ合って「太ってたね~」とか言って盛り上がってます(笑)。でも、いつまでもこんな感じでやってたら欅坂46さんに追いつけないと思うので、もうちょっとピリッとしたほうがいいんじゃないかなって。

―最年少なのにしっかりしてますね。ストイックなタイプなんですか?

柿崎 いえ、そんなにストイックじゃないと思います。むしろ、自分に甘いタイプだと思います(笑)。

―これから嫌でも頑張らなきゃいけないと思いますが、成長を期待してます! ちなみに、学校では学級委員か何かやってるの?

柿崎 えっと…美術部部長と生徒会書記ですっ。

■柿崎芽実ちゃんの人生初ソログラビアは、8月29日発売の『週刊プレイボーイ』No.37に掲載!

(取材・文/西中賢治 撮影/佐藤裕之)

■柿崎芽実(KAKIZAKI MEMI)
2001年12月2日生まれ 長野県出身 血液型=A型 身長156cm ◯欅坂46のアンダーグループ、けやき坂46(ひらがなけやき)の最年少メンバー。欅坂46の2ndシングル『世界には愛しかない』(ソニー・ミュージックレコーズ)に、けやき坂46のデビュー曲『ひらがなけやき』も収録! 詳しい情報は公式サイトで。

最終更新:9/7(水) 11:38

週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.50
11月28日(月)発売

定価400円(税込)

トランプと「新イスラム国」が日本の神風に
なる!/年末ジャンボ155売り場へ/最新
スポーツカーが超カッケー【グラビア】内田
理央/忍野さら/水原ゆき/都丸紗也華 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。