ここから本文です

「東京ゲームショウ2016」の注目銘柄を先取り! 

会社四季報オンライン 8/29(月) 21:01配信

 まいど、相場の福の神こと藤本です。株式相場で勝つには「半歩先読み」が重要です。

 9月15日から18日まで千葉市の幕張メッセで日本最大のゲームイベント「東京ゲームショウ2016」が開催されます。昨年の東京ゲームショウでは、過去最多の37カ国・地域から480の企業・団体が出展し、総来場者数は歴代2位の26万8446人を数えました。

 今年は「ポケモンGO」の世界的なヒットや、10月13日にソニーの「プレイステーションVR」の発売が控えているため、大きく盛り上がりそうです。ゲーム関連企業からはこのゲームショーに合わせてさまざまなニュースが出てきそうです。

 今回は「東京ゲームショウ2016」で話題になる可能性の高い銘柄を関連銘柄としてご紹介いたしましょう。

■ スクウェア・エニックス・ホールディングス(9684、東証1部)

 東京都新宿区新宿に本社があるゲーム会社です。「ドラゴンクエスト」のエニックスと、「ファイナルファンタジー」のスクウェアが合併した会社です。また、タイトーも傘下企業です。この2枚看板タイトルを中心にさまざまな展開を図っています。

 ■福の神注目ポイント
 第二の『ポケモンGO』として、キャラクター的に親和性が高く、世界的に人気が高いのが「ドラゴンクエスト」です。「ドラゴンクエスト」のスマートフォン位置情報ゲームを自社開発するのか、他社と共同開発して制作するかは不明ですが、「東京ゲームショウ2016」で何らかの発表がある可能性があります。

 ■株式データ
株価 3,115円
単元株数 100株
予想PER(連)20.06倍
実績PBR(連) 2.26倍
予想配当利回り 1.32%
時価総額 3,824億円

■ ソニー(6758、東証1部)

 東京都港区港南に本社がある世界的なブランド力があるAV機器の大手企業です。最近は「プレイステーション4」などのゲーム機器や、自動車のの自動運転に欠かせないイメージセンサーなどにも注力しています。

 ■福の神注目ポイント
 10月13日に「プレイステーションVR(PSVR)」が発売される予定です。PSVRは、VRヘッドセットを頭に装着すると3Dのゲーム映像が出現し、動きに合わせて映像が動き、ゲームの世界が現実のように体験できるゲーム機です。「東京ゲームショウ2016」では、このPSVR向けのソフトが多数出品される予定で、人気を集めそうです。

 ■株式データ
株価3,347
単元株数 100株
予想PER(連)52.79倍
実績PBR(連) 1.71倍
予想配当利回り 0.6%
時価総額 4兆2,058億円

■ 任天堂(7974、東証1部)

 京都市南区に本社があるゲーム機のハード、ソフトで日本最大の企業です。海外売上高比率も2016年3月期で73%と高く、グローバル企業です。

 ■福の神注目ポイント
 任天堂は「東京ゲームショウ2016」には出展しませんが、11月18日に3DS用ソフト「ポットモンスター サン・ムーン」を世界で発売する予定で、「ポケモンGO」との連携や交換などの機能追加が、直近に発表される可能性がありそうです。

 ■株式データ
株価 22,410円
単元株数 100株
予想PER(連)90.69倍
実績PBR(連) 2.32倍
予想配当利回り 0.67%
時価総額 3兆728億円

 *株価データは2016年8月29日終値ベース

 藤本誠之(ふじもと・のぶゆき)/SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト。愛称は「相場の福の神」。ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド、阪神タイガースファン。著書に「朝13分で、毎日1万円儲ける株」(明日香出版社)など。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

藤本 誠之

最終更新:8/30(火) 18:16

会社四季報オンライン

Yahoo!ニュースからのお知らせ