ここから本文です

レベル高すぎ! 実現したい子どもたちの夢のクルマ【トヨタ 夢のクルマアートコンテスト】

clicccar 8/29(月) 11:20配信

トヨタ「第10回 夢のクルマアートコンテスト」金賞等が決定し、2016/8/24に表彰式が開催されました。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



夢のクルマアートコンテストは、2004年から開催されるワールドワイドなカーデザインコンテストで今回で10回目を迎えました。多くの子どもたちにクルマのファンになってもらうことを目的として、夢のクルマをイラストとして提案してもらうイベントです。今回のコンテストには、81の国と地域から85万5371作品の応募がありました。対象年齢は15歳までとなりますが、カテゴリー1が7歳以下、カテゴリー2が8~11歳、カテゴリー3が12~15歳で競われました。

そして今回金賞に輝いたのは、タイのパックワラン・ゲオカーオさん(7歳/カテゴリー1)、タイのジャピッチャヤー・マラクンさん(11歳/カテゴリー2)、ブラジルのガブリエレ・カストロ・デ・ソウザさん(15歳/カテゴリー3)でした。


「恐竜カー:地球の守護者」恐竜のようなクルマが火災から人を救出します。7歳以下の部金賞 パックワラン・ゲオカーオさん(7歳)。


「私のクルマはサンゴ礁の新しい家」サンゴ礁の住まいとなるクルマが汚染からサンゴを守ります。 8~11歳の部金賞 ジャルピッチャヤー・マラクンさん(11歳)。


「現実を変える知恵の木」 ライオンのような知恵と決断力を持つクルマ。自然はより近くなり、調和と平和をもたらします。 12~15歳の部金賞 ガブリエレ・カストロ・デ・ソウザさん(15歳)。

また、各カテゴリーとも銀賞各2人、銅賞3人、ベストファイナリスト4人が決定されました。とにかくその描画の上手さにも驚きです。

そのほか特別賞として、豊田社長賞にカンボジアのエリンカニカ・パットさん(3歳)、夢のクルマ技術賞にタイのナッタポン・コマララチュンさん(11歳)、新設されたMake Me Smile! Award~オンライン投票賞にトルコのチャーン・アカイ・ヤズシュさん(9歳)が決定しました。


「友情のクルマ」 豊田社長賞 エリンカニカ・パットさん(6歳)。


「平和の歌」 Makes Me Smile! Award~オンライン投票賞 チャーン・アカイ・ヤズシュさん(9歳)。


「レスキューカー」 夢のクルマ技術賞 ナッタポン・コマララチュンさん(11歳)。



技術賞に輝いたレスキューカーは模型として立体化されました。



どの作品も鮮やかで緻密に描き込まれ、まったく芸術作品と言ってよい美しさを持っています。また、多くの作品にその地域独特の問題が指摘されており、そうした問題を解決するためのクルマが描かれています。

小さなこどもであっても、社会の問題を考え、その解決が幸せを生み出すのだと健気に考えているところに心を打たれます。

(松永大演)

最終更新:8/29(月) 11:20

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。