ここから本文です

北斗晶、悲願の家族で海外旅行 願いを込めたセドナ行き

NEWS ポストセブン 8/30(火) 7:00配信

《気分がすぐれない時の私の楽しみは…日頃からコツコツ貯めているJALマイルのチェック》(2月2日)
《早く旅行に行きたいな~》(7月3日)

 約10か月の闘病生活の間、北斗晶(49才)はブログに何度となくそう綴ってきた。「家族で海外旅行」は悲願であり、希望の光だったからだ。

 7月末には、《まだ治療で平日は毎日通院だから、終わるまではどこも旅行に行けないけど》と嘆いていたが、それから約3週間後、願いは叶うことになる。8月15日、家族4人はアメリカ・アリゾナ州にあるセドナへ旅立った。

 昨年7月に乳がんが発覚し、同年9月に右乳房全摘手術を受けた北斗。術後も数度の抗がん剤治療を受け、入退院を繰り返してきた。痛みや吐き気、副作用による脱毛など苦しい闘病生活があったことを、本誌も報じてきた。

 病に倒れるまでは国内外を問わず頻繁に旅行に出かけ、自宅トイレの棚には海外のガイドブックや絶景写真集をズラリと並べるほどの旅行好き。

「海外旅行に行った友人からの写真やお土産を見ては“バーチャル旅行”に浸り、パスポートを眺める日々を送っていたそうです」(北斗の知人)

 今年2月にはパスポートの更新期限が6月であることがわかり、急遽、証明写真撮影へ。抗がん剤治療後は副作用で頭髪が抜けているだろうから、その前に――当時のブログではそんな思いが明るく書かれている。今年4月、母親は北斗からの言葉を本誌に語ってくれた。

「“病気を治して、家族みんなでグアムやサイパンに行くんだ”って。“キレイな海で日が暮れるまで遊んで、おいしいものを食べ尽くそう”って。その日は絶対に来ます。私は信じているんです」

 信じていた日は、乳がん発覚から1年後にやってきた。冒頭の通り、一家が旅先に選んだのは日本から距離にして約1万kmのセドナ。アメリカ西南部にあるセドナは、ロスまで10時間、国内線に乗り換えて約2時間、さらにそこから車で約2時間はかかる。

1/2ページ

最終更新:8/30(火) 7:00

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。