ここから本文です

伊調馨に国民栄誉賞 内村航平、SMAPにもの声

R25 8/30(火) 7:00配信

日本政府は、リオ五輪・女子レスリング58キロ級で優勝し、4大会連続の金メダルを獲得した伊調馨選手に対し、国民栄誉賞を贈る方針を固めた。女子レスリング選手としては、13大会連続世界大会優勝を達成し2012年に授与された吉田沙保里選手に次いで、2人目の国民栄誉賞となる。

オリンピックでの4大会連続金メダルは女子の個人種目では史上初の快挙。ツイッターでは、

「そりゃそうだ!前回のオリンピック後に授与されても良かったくらいだもんねー」
「当然でしょう。アッパレですよ!!」
「伊調さん国民栄誉賞貰えるそうな! 4連覇したんだし当たり前だよねぇ…女子サッカーがもらったくらいなんだもん…」

と、祝福されるとともに、「当然だ」と功績を称える声が多数派。

また、同じメダリストとして、

「ですよねー。 できれば内村選手にも。。」
「伊調さんの国民栄誉賞に異論はないけど、うっちーもでしょ」

と、伊調馨だけでなく、男子体操個人総合で2大会連続金メダルを獲得し、団体総合の金メダルにも貢献した内村航平選手にも国民栄誉賞を授与するべきだというネットユーザーも多いのだ。さらには、

「伊調馨 さんも 国民栄誉賞もらうに 値すると 思うけど。 それより SMAPじゃねーの?」
「伊調馨さんだけでなく、この際SMAPにも国民栄誉賞を(^^)/」

と、年内解散が発表されたSMAPもまた、国民栄誉賞に値するという声もあがった。

ちなみに、もしもSMAPが国民栄誉賞を受賞したら、音楽グループとしては史上初。個人ではない“チーム”としても、2011年女子サッカーW杯で優勝したなでしこジャパンに続き2組目だ。

いまなお解散に反対するファンも多いSMAP。国民栄誉賞への期待が高いのも、愛されているがゆえのことだろう。

(小浦大生)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9/16(金) 1:36

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。