ここから本文です

岩田剛典がサスペンスドラマ初挑戦!主人公の幼なじみ

Smartザテレビジョン 8/30(火) 6:01配信

10月スタートの菅野美穂主演ドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」(毎週金曜夜10:00-10:54TBS系)に、TBSドラマ、そしてサスペンスドラマ初挑戦となる岩田剛典が出演することが決定。岩田は、菅野演じる主人公・亜紀の幼なじみで、幼いころの初恋相手でもある主人公を支える子供体操教室のコーチを演じる。

【写真を見る】岩田は、主人公・亜紀(菅野美保)の幼なじみで初恋の相手である亜紀を支えていく男性を演じる

本作は、平凡だが家族仲良く暮らしてきた主婦・高野亜紀の一家が、誰もが憧れるきらびやかなタワーマンションに引っ越したことから始まるサスペンスドラマ。最新鋭のセキュリティーに守られた“憧れの新生活”が待っていると心を躍らせる高野一家の運命は、不気味な隣人に出会ったことから変わりだす。

今回、EXILEおよび三代目 J Soul Brothersでパフォーマーとして活躍する岩田の出演が決定。岩田は、亜紀に思いを寄せる幼なじみ・生方航平を演じる。

子供教室の体操コーチで、明るく爽やかな好青年である生方は、タワマン主婦たちの母性本能をくすぐりつつも、子供たちの可能性を伸ばしたいという熱く真っすぐな情熱を持っている。

亜紀とは、同じ下町の商店街育ちで、その当時から年上である亜紀を憧れの目で見ていた、いわゆる“初恋の人”。家族やタワマンでの人間関係に苦しむ亜紀にとって、大きな支えとなっていく。そんな好青年な生方だが、秘めた一面も持つ役どころだ。

演出を務めるのは「夜行観覧車」('13年)や「Nのために」('14年)、「アリスの棘」('14年、以上全てTBS系)など、スタイリッシュなサスペンスドラマを数多く手掛けてきた塚原あゆ子。そして、完全オリジナルドラマの「アリスの棘」で新人ながら圧倒的な完成度の高さを見せつけた池田奈津子が脚本を担当する。

“女の闇”が渦巻くタワーマンションで、明るく爽やかな好青年・生方は主人公・亜紀と視聴者を癒やす存在となるのか、その目で確かめよう。

【岩田剛典コメント】

――菅野美穂さん、松嶋菜々子さんとの共演についてはいかがですか?

自分がこの世界に入る前からずっと拝見させていただいてきた憧れのお二人と、今回初めて共演させていただけることを光栄に思います。

――このドラマの見どころを教えてください。

「砂の塔~知りすぎた隣人」は、日常生活に潜む隣人トラブルや人間の表と裏の顔を、タワーマンションの住民を通してリアルに描いたドラマです。そのリアルさにある意味恐怖も感じますが、その分きっと多くの視聴者の皆様に共感もしていただけると思います。先の予想ができないストーリー展開にもご注目ください。

【高橋正尚プロデューサーコメント】

日本を代表するスーパーグループのメンバーであり、かつ俳優としても、どの世代からも愛される輝きをお持ちの岩田さん。飾らない人間性と、台本を深く考察する知性、そして何より…破壊力のあるあの笑顔! 

傷ついた主人公を、心からの優しさで支える今回の役柄は、彼以外に考えられませんでした。一週間頑張った金曜の夜、日本中の女性の皆様に、ガンちゃんの笑顔という最高の癒やしをお届け致します!

最終更新:8/30(火) 6:01

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

なぜ今? 首相主導の働き方改革