ここから本文です

波乱の『24時間テレビ』にEテレがバトル仕掛ける!?

R25 8月30日(火)7時0分配信

8月27日から28日にかけて放送された日本テレビ系『24時間テレビ 愛は地球を救う 愛 ~これが私の生きる道~』。番組パーソナリティーとして出演する予定だった俳優の高畑裕太容疑者が8月23日に強姦致傷容疑で逮捕され、急遽出演がキャンセルされるという波乱のなかでの放送となった。

高畑容疑者は、同番組内のスペシャルドラマ『盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~』にも出演していたが、NEWSの小山慶一郎を代役として撮り直すことが決定。撮影が行われたのは、放送2日前の8月25日だったという。

ハードスケジュールのなかで撮り直しに挑んだ小山に、ネットユーザーも注目。ツイッターでは、

「高畑裕太逮捕で24時間テレビスペシャルドラマ撮り直しして、文句ひとつ言わず主役を成し遂げるシゲも凄いし、仲間が困ってるなら助けるって代役として重要な役を演じ切る小山くんも凄い...プロだ」
「24時間テレビのドラマ、高畑裕太くんの代わりにNEWSの小山くんがしてたけど、この3日間(?)ぐらいで撮りなおしたのすごい。 最後の小山くん高畑くんに似せるような演技してて笑ってしもたw」
「24時間テレビのドラマ泣ける、、 高畑裕太めちゃ重要な役だったんじゃん。 私的には小山くんのが良いじゃん?とか思ってしまう」

などと、見事に代役を果たした小山を絶賛するコメントが多数寄せられている。

一方、『24時間テレビ』の裏番組となる時間帯には、NHK Eテレが障害者情報バラエティー『バリバラ』(8月28日夜7時)を放送。「検証!『障害者×感動』の方程式」と題して、障害者が“頑張っている姿”を映し出して感動的に演出するドキュメンタリーについて、「感動ポルノ」という表現を使い、差別的なのではないかという疑問を投げかけた。

結果的に、『24時間テレビ』に対して問題提起する形となった『バリバラ』。ツイッターでも、

「バリバラと24時間合体すれば普通にいい感じの番組になると思うの」
「24時間テレビでの障害者の方のチャレンジはその困難度から感動を与えるけど、今後必要なのは日常知って貰う事だと思う」
「録画しといたバリバラ!感動ポルノ回、障害者と感動問題。大変興味深かったが、24時間TVの裏でコレをやる心意気が良いわぁ。初っ端の『障害者感動ドラマが出来るまで』で爆笑してしまった」

などと、続々と感想が寄せられている。

何かと話題になった今回の『24時間テレビ』だが、『バリバラ』で提起された「障害者と感動」というテーマは、十分に議論する意義があるだろう。来年以降も『24時間テレビ』が放送されるのであれば、その内容が変化していくのか、気になるところだ。
(小浦大生)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9月16日(金)1時36分

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]