ここから本文です

秋の味覚!アンテノールから第5弾となる新・伝統菓子登場

東京ウォーカー 8/30(火) 7:00配信

神戸生まれのパティスリー「アンテノール」は、新・伝統菓子「ヌーベル パティスリー“和栗 りんご 洋梨”」を9月1日(木)から12月18日(日)まで期間限定、店舗限定で販売する。

【写真を見る】宮崎県産高千穂ひのかげ栗使用した「和栗とキャラメルのサントノーレ」(918円)

1978年、“日本一の洋菓子をつくりたい”という洋菓子職人の思いから、和と洋の文化が融合する港町・神戸で誕生した「アンテノール」。「NOUVELLE PTISSERIE esprit de KOBE(ヌーベル パティスリー)」は、異国情緒あふれる神戸・北野の地で、1号店を構えたアンテノールの、“他にはない本格的なお菓子でお客様に喜んでいただく”という精神を今に引き継ぎ、職人がひとつずつ丁寧に作りあげる、新・伝統菓子だ。

第5弾となる今回のテーマは、秋の素材“和栗 りんご 洋梨”。香り高く上品な甘みの洋梨ババロアをショコラのケーキにトッピングした「カシス・ポワール」(918円)、宮崎県産高千穂ひのかげ栗を使ったクリーム入りプティシューをアーモンドタルトに重ねた「和栗とキャラメルのサントノーレ」(918円)、カラメルで包んだりんごをまろやかなクリームに重ねて、バターで香ばしく仕上げた「タルト・タタン」(918円)の3品が登場。どれも秋を感じる、この季節ならではの味わいだ。

職人の思いと技術が込められた伝統的な洋菓子を、心ゆくまで堪能してほしい。【ウォーカープラス編集部/田村玲奈】

最終更新:8/30(火) 13:10

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。