ここから本文です

永野芽郁が石塚英彦の“生まいう~”に感激!

Smartザテレビジョン 8/30(火) 7:00配信

8月30日(火)放送の「ニッポンのぞき見太郎」(夜9:00-9:54フジテレビ系)は『おそらくココが日本一○○なお店SP』と題し、さまざまな“日本一のお店”を紹介。ゲストで石塚英彦、東貴博、鈴木亜美、永野芽郁が出演する。

【写真を見る】東(右)が「これは予約するわ!」と言った激狭すし店も登場

最初のテーマは「おそらく日本一狭い店」。敷地面積わずか1.5坪しかないバーのリポートを見た石塚は、「狭い店はデブにとって鬼門ですからね…」と苦笑い。

また、石塚と東が薦める「日本一○○なお店」も登場。スタジオで2人が絶賛する料理を試食することになり、ナポリタンを試食した石塚から「まいう~」の決めぜりふが飛び出すと、永野は「今、すごく感激しています」と“生まいう~”に思わず感動。

その他、柴田英嗣は“入り口がどこにも見当たらない洋食屋”や、“とんでもない場所にあるそば屋”といった「おそらく日本一行きづらい店」を紹介する。

最終更新:8/30(火) 7:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。