ここから本文です

B.LEAGUE開幕目前!アルバルク東京・伊藤大司選手インタビュー【後編】

Smartザテレビジョン 8/30(火) 8:00配信

いよいよ9月に、日本の男子プロバスケットボールリーグ“B.LEAGUE”が開幕する。これまでNBLとbjリーグの2つに分かれていたリーグが統一され、日本のバスケが新たな、そして大きな一歩を踏み出そうとしている。今回、B.LEAGUEのB1(1部)東地区のチーム、アルバルク東京に所属する伊藤大司選手を直撃。インタビュー後編では、自身の目標や、B.LEAGUE開幕に懸ける思いについて語ってもらった。

【写真を見る】「開幕戦で最初のトラベリングは恥ずかしい…」B.LEAGUE史上初の得点を狙う!?

――B.LEAGUEの開幕が迫ってきました。アルバルク東京は9月22日(木)の開幕戦をひかえていますが、伊藤選手個人として、B.LEAGUEでの目標はありますか?

「今まで通り、チームの勝利に貢献することですね。今までやってきたことを、さらにレベルアップして、チームの勝ちに貢献する。『あいつがいたらチームが良いリズムだな』とか、『あいつのハッスルは見ていて気持ち良いな』とか、『あいつのチームのまとめ方が勉強になるな』とか、僕の方でも伝えていきたいですね。もちろんチームが勝たないと、いくら僕が正しいことやってたって正しく見えないと思うし。チームの勝ちに繋がるからこそ、初めて『あいつのやってること正しいんやな』って伝わると思うので、できるだけ1試合でも多く勝って、優勝して、そこに僕の存在があったから、こういう役割を果たしていたから、このチームの完成度があるっていうのを何かしら証明できたら…それが僕の目標です」

――まずは大きな注目を集める、アルバルク東京と琉球ゴールデンキングスの開幕戦からですね。Jリーグの開幕戦で最初に得点したヘニー・マイヤーのように、後々まで名前が残る可能性もありますね。

「僕らは開幕ゲームだからチャンスあるって事ですよね…初テクニカルファール狙おうかな、逆に(笑)。それこそ初得点したら、何秒間かはB.LEAGUEのリーディングスコアラーだって言えるんですもんね。狙います(笑)。最初の得点、アシスト、スチール、そしてトラベリング、ターンオーバー(笑)。最初のトラベリングは恥ずかしいですねぇ。テレビ放送あるから、ルール知らない人のためにプレーバックしながら『今のは3歩歩いて…』とか説明されて、めっちゃ恥ずかしいですね(笑)。『「SLAM DUNK」で聞いたことはあるけど、プロでもやるの?』って(笑)」

――それでは最後に、バスケットボールファンの方々にメッセージをお願いします。

「リーグ統一ということで、これからバスケットは盛り上がっていくと思います。その中で、もちろん僕たちはバスケットの質を高めていって、バスケファンの方も、バスケファンじゃない方も見ていて楽しい試合をするので、是非1試合も見逃さずに、全試合楽しみに見に来ていただけたら嬉しいです。頑張ります!」

B.LEAGUEの開幕戦「アルバルク東京 VS 琉球ゴールデンキングス」は9月22日(木)、23日(金)に国立代々木競技場第一体育館で開催。22日(木)はフジテレビ系、NHK BS1で放送。両日ともスポナビライブでインターネット配信される。また、伊藤選手が“NBAファミリー”として出演するWOWOW NBA中継では、10月26日(水)に開幕戦「ニューヨーク・ニックス VS クリーブランド・キャバリアーズ」「サンアントニオ・スパーズ VS ゴールデンステイト・ウォリアーズ」の2試合を放送する。

最終更新:8/30(火) 8:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。