ここから本文です

レゴランド&豪華BBQを満喫!ママとキッズの夏休みに密着

東京ウォーカー 8/30(火) 11:02配信

8月23日、ウォーカープラス主催の無料招待イベント「ウォーカープラス わんぱく夏体験」が、東京・お台場で実施された。当日は抽選で選ばれた11組のママ&キッズが参加。残りわずかとなった夏休みの貴重な1日を楽しんだ。

【写真を見る】レゴブロックが作られる過程を楽しく知ることができる、「レゴファクトリー」。プラスチックの粒を混ぜて、ご満悦の表情!

■ レゴブロックを使った遊びやアトラクションで大はしゃぎ!

この日、ママ&キッズたちが最初にやってきたのは、レゴブロックの屋内型アトラクション施設「レゴランド・ディスカバリー・センター東京」。さまざまなアトラクションを通じてレゴブロックの楽しさを体感できる、キッズに大人気のレジャースポットだ。同施設に使われているレゴブロックの数は、なんと300万個以上にも上るのだとか!イベント当日は平日だったが、主要なアトラクションは常に行列ができていた。

なかでもキッズたちに好評だったのが、戦車に乗り、レーザーガンでガイコツ戦士などと戦うアトラクション「キングダムクエスト」だ。上平理玖くん(5歳)は「(敵が)どんどん出てきて楽しかった!」と、興奮冷めやらぬ様子で話してくれた。

他にも、「レゴレーサー ビルド&テストゾーン」でレースカー作りに没頭したり、「4Dシネマ」で大迫力の映像を楽しんだり、「レゴシティ プレイゾーン」のアスレチックで思い切り体を動かしたりと、「レゴランド」をすっかり満喫した様子のキッズたち。参加したママからは「レゴブロックで遊ぶだけでなく、遊園地のようなアトラクションもたくさんあって楽しかったです」といった感想も聞かれた。

■ レインボーブリッジを眺めながらバーベキューを堪能

いっぱい遊んで、そろそろお腹が空いてくる時間。次に向かったのは、ヒルトン東京お台場のバーベキューテラス「アブレイズ」だ。会場に到着したママ&キッズたちを待っていたのは、目の前に広がる東京湾の絶景!レインボーブリッジを一望できる特等席に腰掛け、ママたちもリラックスモードに。駅周辺の喧噪を忘れさせる落ち着いた雰囲気の中、バーベキューがスタートした。

各テーブルに3段重ねのグリルプレートが運ばれ、目を輝かせるキッズたち!一段目には、牛ハラミや牛カルビ、タンドリーチキンなど、肉がてんこ盛り。二段目はバナナの葉で包んだ白身魚とケイジャンイカ、三段目には野菜が盛られ、食べ盛りのキッズも大満足のボリュームだ。肉が大好物という山本純聖くん(9歳)は、「お肉が全部おいしかった!」とニッコリ。

なかには1番おいしかった食材に、野菜を挙げるキッズも。駒井心海ちゃん(9歳)のママ・由佳さんは、「トウモロコシが大好きなのですが、家では焼きトウモロコシを食べる機会があまりないので、甘くておいしかったようです」と話していた。また、バーベキュー会場で印象的だったのが、トングを手に持ち、嬉しそうに食材を焼くキッズたちの姿。

程よくお腹がいっぱいになったタイミングで、この日のスペシャルゲストが登場!2児のママであるタレントの西山茉希さんが、子どもたちとの夏の思い出や、子育てに対する思いなどを語った。

■ 西山茉希さんのスペシャルトークショーも実施

司会者からこの夏に出かけた場所を尋ねられると、「実家がある長岡で花火を見ました」と西山さん。まだ子どもが小さいこともあり、「大人が1番楽しんでいました(笑)」とのことで、ファミリーの良い思い出になったようだ。

今回のイベントタイトル「わんぱく夏体験」にちなみ、話題は子どもの頃の“わんぱく体験”に。「男兄弟やいとこに囲まれて育ったので、わんぱくな遊びをよくしていました」という西山さん。「自転車で転び、顔半分がかさぶたになったこともありました」と、かなりのわんぱく少女だった模様!

その経験はママとなった現在にも生かされているようで、「無駄な心配はあまりせず、本当に危険な時以外は自由にしていてほしいと思う。痛いと感じてから、考えてくれればいいかな」と、自身の子育て論を展開した。

また、トークショー終盤の質問コーナーでは、1人の女の子から「なんでそんなにかわいいんですか?」と、かわいらしい質問が飛び出す場面も。「逆にそのかわいさが欲しい。涙が出そうなほどかわいい!」と、あまりの愛らしさに西山さんもメロメロの様子だった。

■ 景品は豪華レゴブロック!ビンゴ大会で大盛り上がり

その後はお待ちかねのビンゴ大会に突入!西山さんが数字を読み上げると、カードを持つ手に自然と力が入るキッズたち。自分のカードに数字を見つけ、「はい!」と手を上げて教えてくれる姿も見られた。なかなかビンゴが出ない長期戦となったが、やがて1人、また1人とビンゴが出始め、1位から3位までが決定!西山さんから景品のレゴブロックがプレゼントされた。

最後は全員で記念撮影をし、盛りだくさんの全行程が終了。参加者はレゴブロックや、わんぱくキッズの味方「キズパワーパッド」などが入った土産を受け取り、会場を後にした。イベント当日はあいにくの曇り空だったが、そこかしこに溢れるキッズたちの笑顔は、真夏の太陽のよう!ママとキッズの夏休みの1日は、大盛況のうちに幕を閉じた。【ウォーカープラス編集部/水梨かおる】

最終更新:8/30(火) 11:02

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。