ここから本文です

フジファブリック、“いい曲オンリー”のライブを放送

Smartザテレビジョン 8/30(火) 19:00配信

9月3日(土)夜11時からの「EXシアターTV Live」(CSテレ朝チャンネル1)は、現在オンエア中の「Google Play Music『音楽のある生活・キャンプ篇』」のCMソングに「流線形」が起用され、デビュー12周年を記念してリリースしたアナログ盤も好評のフジファブリックが6月に行ったライブの模様を放送する。

【写真を見る】山内総一郎は「行き詰まったところがほら、それが…始まりだ!!」とシャウト

今回の「EX シアターTV Live」では、全国12カ所を回った彼らのライブツアー「フジファブリック LIVETOUR 2016 “三日月 ADVENTURE”」の中から、6月8日にEXシアター六本木で行われたライブ映像が登場。

冒頭にはツアータイトル“アドベンチャー”にちなみ、「インディー・ジョーンズ」のテーマに合わせて、メンバーとサポートドラム・BOBOの4人が行進して現れ、かぶっていた帽子を客席に投げ入れた。

「行き詰まったところがほら、それが…始まりだぜ!!」と山内総一郎が叫び、「徒然モノクローム」でライブがスタート。金澤ダイスケの鍵盤がフィーチャーされる「スワン」「熊の惑星」と続き、「きょうはいい曲しかやりません!」と山内が宣言し、ことし5月に2年ぶりにリリースした「ポラリス」へ。

「robologe」では山内が唐突にヒップホップ調に歌いだし、メンバーのテンションも大いに盛り上がる中、一転して「PRAYER」「花」「ブルー」とバラードが続き、会場全体が心地よい空気に包まれる。

「ブルー」の歌唱後、弾いていた青いギターを掲げ「初めて買ったエレキギターです。ヘッドの部分に『魂』って書いてあるの。やばいでしょ(笑)」と無邪気に笑う山内。

この後、フェンダーとエンドースメント契約をした事が発表された。そして「夜明けのBEAT」を筆頭に「夢みるルーザー」「バタアシ Party Night」とロックチューンが続くと、「SurferKing」で会場の熱気は最高潮を迎える。

アンコールでは、ツアータイトル「三日月 ADVENTURE」にちなんで「同じ月」、BOBO のパワフルなドラムで魅せるロックチューン「Green Bird」を披露。

「洞窟を抜けたらきれいな空があるといいなあ」と山内がつぶやき、「虹」でこの日ファンと共に体験した“冒険<ADVENTURE>”を終えた。

最終更新:8/30(火) 19:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。