ここから本文です

森田剛、ハンド施術の完全個室リラクゼーションサロン(60分15000円)に出没

週刊女性PRIME 8/30(火) 17:21配信

「まさかこんなところを歩いているなんて思わなかったのでビックリしましたよ。逆に“いるはずがない”という場所なので周りで気づいている人はほとんどいませんでした」(目撃したファン)

 8月中旬の昼下がり―。キャップを後ろかぶりにして、無地の白Tシャツと黒いジーンズという、ラフな出で立ちで原宿にあるジャニーズショップの前を通りすぎていったのがV6の森田剛だったから、目撃者が驚くのも当然のこと。

「森田さんは8月29日まで、主演舞台『ビニールの城』に出演しており、ちょうどこの日は休演日だったようですね」(スポーツ紙記者)

 同作の演出は、今年5月に肺炎による多臓器不全でこの世を去った、演出家の蜷川幸雄さんが務める予定だった。

 '10年の寺山修司原作『血は立ったまま眠っている』以来、これまでも何度か舞台を一緒にやってきた森田と蜷川さん。5月に同じV6の井ノ原快彦が司会を務める『あさイチ』(NHK)に出演した際には、こんなひと幕も。

「亡くなった蜷川さんのVTRが流れたあとに映像がスタジオに戻ると、森田クンは涙を流していました。蜷川さんは彼の演劇人としての才能に惚れ込んでいたというのもあり、2人は強い絆で結ばれていたようですよ」(テレビ誌ライター)

 話を冒頭に戻そう。その後、変装もしないで森田は原宿駅前を堂々と歩いていく。人通りが多く、若者でにぎわう原宿。女子数人に「あっ!」と後ろから指をさされても気にとめず、近くの駐車場に止めていた高級外車へ。3分ほど車を走らせて向かった先が、某有名セレクトショップ『R』。

「アメリカ発祥で主にアパレルウエアや雑貨などを販売していますが、カフェも併設されているなど複合施設としても人気です。ブラッド・ピットをはじめ、海外セレブも愛用しているブランドです」(ファッション誌ライター)

 この『R』では現在、ショップやカフェ以外にも、ハンドトリートメントで施術するリラクゼーションサロンが併設された店舗も存在する。

「完全個室の部屋できめ細かいサービスとマッサージを体感できることで、大人女子が“自分へのご褒美”で癒されに行くことが多い。60分で15000円ほどの高級サロンです」(サロン経営者)

 約1時間後に同店を後にした彼の顔は、どことなく満足感に包まれていた。しかし女性に人気のこのサロンに、ワイルド系男子の森田がなぜ訪れるのだろうか。それには少しワケがあるようで……。

「同店の別店舗には以前、現在も交際中とされる元セクシー女優の美雪ありすさんとも一緒に買い物に訪れたことがあるんです。彼にとってはおなじみの場所なんでしょうね」(前出・スポーツ紙記者)

最終更新:9/6(火) 4:36

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

なぜ今? 首相主導の働き方改革