ここから本文です

高畑裕太容疑者 向井理や尾野真千子との共演映画が来年6月公開も再撮影厳しく

週刊女性PRIME 8/30(火) 5:30配信

 8月26日、都内のホテルで謝罪会見をした高畑淳子は、前日に警察署で接見したときの裕太容疑者の様子を聞かれて、

「“すみません、すみません”を繰り返すばかりで、何度も泣いたのか目が腫れ上がっていて、そのときも震えて泣いておりました」

 と答えた。8月23日、芸能界を激しく揺るがすショッキングなニュースが飛び込んできた。俳優の高畑裕太が、強姦致傷の疑いで逮捕されたのだ。裕太容疑者は、事件当時、映画のロケで群馬県前橋市にあるビジネスホテルに宿泊していた。

「自分の部屋に40代の女性従業員を無理やり引きずり込み、手足を押さえつけるなどして性的暴行を加えた疑いがあります。女性は右手の指に全治1週間のケガをしたようです」(スポーツ紙記者)

 前日の夜にスタッフらと飲みに行った後、ホテルへ戻り、監督の部屋で2人で1時間ほど飲んで、自分の部屋に戻って、事件は起きた。

 警察の調べに対し“女性を見て欲求を抑えきれなかった”と供述した同容疑者だが、“人気急上昇中の2世俳優が強姦致傷で逮捕される”という前代未聞の事件を受けて、芸能界はてんやわんやの大騒ぎとなった。

「彼は'15年上半期に放送されたNHKの朝ドラ『まれ』に出演して人気を博すと、最近はドラマ、映画に加えてハチャメチャキャラを買われてバラエティー番組にも引っ張りだこになってます」(テレビ局プロデューサー)

 そのため出演番組が右肩上がりで増えていたが、それらが軒並みキャンセルとなるなど、各テレビ局は対応に追われている。また撮影が終了、あるいは撮影中、これから撮影に入る映画もいくつかあり、現場は混乱を極めている。

 まさに、事件のときに撮っていた真野恵里菜主演の映画『青の帰り道』は、撮影中止。大手配給会社がついているわけではないそうで、ここから撮り直すほどの予算もなく、お蔵入りが濃厚だという。

「来年6月に公開予定だった映画『何日君再来(仮)』にも、彼が大事な役で出演しているんです。映画は今年の春にすでに撮り終わり、編集もすんでいる。

 主演の向井理さんや尾野真千子さんは映画のキャンペーンのため、長期間スケジュールを空けていたほど。撮り直そうにも共演している女優さん、そして深川栄洋監督の都合が現時点ではつきそうにないんです」(映画配給会社関係者)

最終更新:8/30(火) 5:30

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」11月29日発
売号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。