ここから本文です

広島最大タブーの裏側――地元メディアはスタジアム問題を報じない?

サイゾー 8/30(火) 15:00配信 (有料記事)

 中国新聞を筆頭とした地元メディアがスタジアム問題に関して口を閉ざし続けているという噂が囁かれている。

「浅野拓磨選手が移籍の際、『市民球場跡地にサッカースタジアムができていることを、僕も願っています』と発言しました。全国紙はこれを詳細に報道したのに、中国新聞にはこの部分の記述がなかったんです」(サポーター)

 実際、広島メディアがスタジアム問題の報道を自粛している事実はない。例えば中国新聞7月13日付朝刊にも「サンフレ会長と面会へ 商議所会頭が調整」という記事が掲載された。だが、「中国新聞の報道には明らかにバイアスがある」と指摘するのは、この問題を長らく追ってきた田辺一球氏だ。

「例えば朝日新聞にはサンフレッチェ広島の森保一監督のインタビューが掲載されました。また日本経済新聞もサンフレッチェがスタジアム問題での苦戦を伝えています。一方で、中国新聞がスタジアム問題で森保監督や久保会長のインタビュー記事を掲載したことはないはず。久保会長が『ポケットマネーでスタジアムを建設し、寄付する』という発言をしたのですが、これはNHKの夕方ニュースでも紹介されましたが、中国新聞はなぜか完全スルーだったんです」本文:3,857文字 この記事の続きをお読みいただくには、サイゾーpremium for Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    432円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    378円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:8/30(火) 15:00

サイゾー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サイゾー

株式会社サイゾー

2016年12月号
11月18日発売

定価980円

【視点をリニューアルする情報誌】
第1特集:人気映画の裏話
第2特集:「アスペ」増殖論争勃発か?
第3特集:「春画」ブームの正体

なぜ今? 首相主導の働き方改革