ここから本文です

映画『秋の理由』予告解禁 60代を迎えた男の友情と人生の“秋”を描く

ロケーションジャパン 8/30(火) 10:56配信

 詩人としても活躍する福間健二監督の最新映画『秋の理由』の予告編が解禁となった。

 本作は、編集者の宮本守と声を失った作家の村岡正夫、60代を迎えた二人の男の友情を軸に、人生の“秋”を迎えた男の心情を映し出す。
 2011年に咽頭癌を患って声帯を失い、そこからカムバックを遂げた佐野和宏が村岡役を、『百円の恋』の伊藤洋三郎が宮本役を演じている。脇を固めるのは、村岡の妻であり宮本から思いを寄せられている美咲役として寺島しのぶ。村岡の代表作である小説『秋の理由』のヒロインに似た謎の女性・ミク役を趣里が務めた。

 このたび解禁となった予告編では、宮本(伊藤洋三郎)と美咲(寺島しのぶ)が二人だけで会っている意味深なシーンや、宮本の前にミク(趣里)が現れるシーンの他、美咲がソファを蹴り上げて「お前に死ねる勇気なんかあるのか!」と声を荒げるシーンなどが、色づく秋の公園の風景に差し込まれている。

 映画『秋の理由』は2016年10月29日(土)より新宿K’s cinemaにてロードショーほか全国順次公開。

ロケーションジャパン

最終更新:8/30(火) 10:56

ロケーションジャパン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。