ここから本文です

滝沢秀明 vs 中村蒼、好対照のイケメンぶりーー『せいせいするほど、愛してる』のキャラ比較

リアルサウンド 8/30(火) 2:54配信

 イケメン揃いのジャニーズにおいて、長年にわたってトップレベルの人気を誇る滝沢秀明。その滝沢と、真っ向から勝負を挑んでいる俳優がいる。中学生時代にジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリに輝き、いまやテレビドラマや映画で引っ張りだこの中村蒼だ。現在放送中のドラマ『せいせいするほど、愛してる』(TBS)では、ふたりは恋敵として、それぞれのアプローチで武井咲演じるヒロイン・栗原未亜を奪い合っているのだ。

 滝沢演じるティファニージャパン副社長・三好海里は、複雑な事情を抱えた妻帯者であり、未亜と不倫関係の最中にある。その立場上、煮え切らない態度を取ることも少なくなく、これまで何度も未亜との関係は危機を迎えてきた。しかし、妻帯者がいてもなお未亜との恋を成就させようと、なりふり構わずに行動する様は、賛否がありながらも視聴者の心を捉えてきた。困難に直面しているからこそ、三好の語る言葉は重く、それが彼の魅力に繋がっているのは否定できないところだ。また、時折見せる弱音や涙も、多くの女性の母性をくすぐっているようである。もちろん、その恋は許されざるものだが、滝沢のまっすぐな眼差しはその感情の純粋さを表現していて、簡単に理性で切り捨てることができないものがある。

 一方の中村演じるジミーチュウ広報・宮沢綾は、関西弁で軽いノリが特徴の、一見すると三枚目にも思えるキャラクターだ。しかし、これが実に良い男なのである。未亜へのアプローチは直接的で、何かにかこつけてはすぐにデートに誘おうとして、いつも断られているのだが、いざというときは彼女のピンチを救う。前回放送の第6話では、三好と未亜の関係性が社長にバレそうになり、未亜はとっさに宮沢と婚約をしていると嘘をつくのだが、宮沢は怒ることもなく彼女に話を合わせてくれるのである。言ってみれば宮沢は、敵に塩を送ったわけだが、もし不倫関係がバレた場合に彼女が被る損害を考えた上で、大人としての判断をしたのだろう。軽そうに見えるのは態度だけで、実は大きく構えることができる、心の広い人物なのだ。その大物ぶりに、未亜の心が揺れることがあるのは、致し方ないことだろう。

 滝沢と中村、それぞれの“スペック“にも目を向けてみよう。滝沢は言うまでもなく、Jr.時代から同世代のジャニーズを牽引してきたスーパースターで、美しいルックスを持つだけではなく、歌やダンス、演技においてもトップを走り続けてきた存在だ。ジャニー喜多川氏の教えを体現し、数多くの後輩たちを導いていることから、“小さなジャニーさん”との異名さえ持つ。人見知りだが面倒見が良く、その人柄も信頼されている。34歳、俳優としても脂が乗ってきた時期で、今後のジャニーズを背負う存在であることは間違いない。

 対する中村は、若手イケメン俳優としてノリにノッている25歳。サッカーや乗馬を得意とするスポーツマンで、本ドラマでも引き締まった裸体を披露している。滝沢よりもガッシリとした筋肉質タイプであり、どちらが好みかは人によって分かれるところだろう。また、中村の交友関係も注目したいところ。高良健吾や池松壮亮など、いまをときめく超人気俳優と懇意にしているのだ。そのトリオが揃っているところを想像すると、ジャニーズとは異なるワチャワチャ感がありそうで、非常に興味深いところである。クリクリとした二重まぶたである点も、いい意味で対照的だ。ジャニーズを担う滝沢の相手として、中村ほどの好敵手はそういないはずである。

 ただ、中村演じる宮沢には、大きく欠けているものがひとつある。三好が苦悩に晒されたときに披露する“エアギター”だ。前回のエアギターシーンでは、掃除機をギターに見立てて弾いたかと思いきや、実際に踊りながら床を掃除してみたりと、トリッキーなプレイが印象的だった。いまや同ドラマの名物ともいえるこのシーンで、三好のキャラクターは否応なく刷り込まれてしまうのである。宮沢の良い男ぶりが際立ってきたところなので、彼にもまたエアギターにも負けないくらいのパフォーマンスを披露してほしいと願っているのは、筆者だけではないだろう。

松下博夫

最終更新:8/30(火) 2:54

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。