ここから本文です

あなたは納得!? それとも?…秋~冬に結婚を決める人が多い5つの理由

Suits-woman.jp 8/30(火) 17:30配信

暦の上ではもう秋。暑さもひと段落し、過ごしやすい時期がやってきます。実は気候がいい9月~10月は結婚式シーズン。つまり結婚を意識しやすい時期とも言われているようです。

株式会社Diverseが運営するオンライン婚活サービス「ユーブライド」が、20歳~49歳までの現在婚活中の男女603人を対象に行なった調査によると、9月以降の年内の成婚者数は春~夏よりも多いことが判明。実際に秋~冬に結婚を決めている人が多いことがわかりました。

ではなぜ年末にかけて結婚を決める人が多いのでしょう。その理由を探ってみました。

秋~冬に結婚を決める人が多い理由5

理由その1:お盆で帰省し結婚の話を切り出されることが多い

長期の休みが取りやすいお盆(夏休み)。アンケートによれば、お盆に実家に帰省する婚活男女は48.6%。そのうち「結婚の話が出る」と回答した人は63.1%という結果に。やはり3人に2人近くが結婚について何かしらのプレッシャーを与えられることがわかりました。ちなみにこのプレッシャーが負担になるという人は56.8%も。中には婚活の意欲が失せてしまう人もいるようですが……。

理由その2:仲の良い夫婦や家族を見て結婚意欲が高まる

「結婚を意識する瞬間」を尋ねてみると、最も多かったのは男女ともに「仲の良い夫婦や家族を見た時」。夏休みに帰省や友人との再会で刺激を受ける人が多いようです。また2位にあがった「自分の将来を見つめなおした時」。普段忙しい毎日を送っている人も、長期休みになると自分の将来を考えたりするもの。夏休み明けは、こうした意味でも結婚への意識が高まるようです。

★結婚を意識する瞬間は?
【男性】
1位 仲の良い夫婦や家族を見た時(30.1%)
2位 自分の将来を見つめなおした時(29.4%)
3位 友人の結婚式に参列した時(10.9%)

【女性】
1位 仲の良い夫婦や家族を見た時(29.9%)
2位 自分の将来を見つめなおした時(28.4%)
3位 親族に心配された時(7.0%)

理由その3:今年こそは!…「年内に出会いたい」人が6割以上

結婚相手とはいつ出会いたいと思っているのでしょう。具体的に時期を尋ねてみると、「今年中に出会いたい」と思っている人は多く、男性は6割以上、女性は7割近いことが判明。ちなみに結婚までにどれ位の時間をかけたいかは、男性で「1~2年」が最も多く39.6%、女性は「1年以内」が42.8%という結果になりました。

★交際期間はどれぐらいで結婚に繋げたいと思いますか?
【男性】
1位 1~2年(39.6%)
2位 1年以内(35.3%)
3位 6ヶ月以内(16.9%)

【女性】
1位 1年以内(42.8%)
2位 1~2年のうち(29.4%)
3位 6ヶ月以内(20.9%)

理由その4:イベントや年末年始に向けてデートの計画が立てやすい

春からの新生活もひと段落し、夏休みも終わり、生活が落ち着くこの時期。考えることと言えば、クリスマスや年末年始の過ごし方!? ロマンチックな冬こそ最大のチャンスと考える人が多いようです。

理由その5:女性はひと肌恋しい季節に結婚を求める!?

最後に「なぜ結婚したいか」を尋ねてみました。すると男性は4割以上の人が「家族が欲しい」をあげていたのに対し、女性は4割以上が「安心・安定したいから」と回答。こうしてみると、男性の方が精神的な支えを結婚に求め、女性は家庭に安定の形を求めている傾向があるようですね。

★あなたが結婚したい理由は何ですか?
【男性】
1位 家庭がほしいから(43.8%)
2位 安心、安定したいから(25.4%)
3位 寂しいから(17.2%)

【女性】
1位 安心、安定したいから(41.8%)
2位 家庭がほしいから(23.9%)
3位 子どもがほしいから(21.4%)

秋から冬にかけてはロマンチックなムードが高まる一方、寒さもあって心細さを感じやすい季節でもあります。家族のあたたかさを恋しく思ったり、より安心や安定を求め、「結婚」を意識してしまうのかもしれませんね。

最終更新:8/30(火) 17:30

Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。