ここから本文です

V・ベッカムがキャサリン妃 妹のウエディングドレスデザインを熱望!

25ansオンライン 8/30(火) 12:50配信

7月にハッピーなニュースとともに、またまた世界中からの注目を浴びたキャサリン妃の妹ピッパ・ミドルトンさん。うらやましい&やっかみも半分?余計なお世話的だんなさま情報や推測まで、いろんなウワサが飛びかっていますが、なかでも最も注目はやはりウエディングドレスについて。どんなドレスを着るかという予想のみならす、作り手であるデザイナーにとっても、最大のビジネスチャンスとばかりに大注目のようです。
そんな中、目に見えて躍起になっているらしいのが、何を隠そうヴィクトリア・ベッカムさん。えっ、ウエディングドレスのデザインなんてしたっけ?と思う方もいると思いますが、実はヴィクトリアさん、今年5月にお友達の女優エヴァ・ロンゴリアのために、初めてウェディングドレスをデザインしたのです。なんでもやりますね。
ベッカム夫妻といえば、ロイヤルウェディングにも出席されたほど、デヴィッド・ベッカム氏とウィリアム王子が折にふれ、お仕事を一緒にされている仲。妻同士がどこまで仲良しかというと微妙ではありますが、少なくともヴィクトリアさんとブライドメイドで会ったピッパさんとも顔見知り。
再びロイヤルウェディングに関わりたいと願っているヴィクトリアさんは、どうやらピッパさんが婚約を発表して以来、ウェディングドレスのスケッチに余念がないのだそうです。そう、ピッパさんにウェディングドレスを選んでもらうため! わかりやすい!
キャサリン妃の結婚式で、ヴィクトリアさんがピッパさんにアプローチした際には、とてもよろこんでいたらしいピッパさんですが、どうやら現在抱くウエディングドレスには、姉キャサリン妃とは違ったアイデアがあるのだとか。それは、無名デザイナーのウエディングドレスを選び、そのデザイナーを一夜にしてスターにする計画。それゆえ、キャサリン妃のウェディングドレス兼ピッパさんのブライドメイドのドレスをデザインしたサラ・バートンの名はどうやらリストには入ってないようです。ピッパさんのドレスは素晴らしいもので、そのドレスのおかげでピッパさんは一躍有名となりましたが、今のピッパさんはもはや他の人をスターに出来る力すらを持ち得たということですね。

【世界が注目したキャサリン妃のウェディング・ドレス】

とにかく、そんなことはおかまいなし、ピッパさんをターゲットのごとく、エンジン全開で活動を開始したヴィクトリアさん。“ピッパさんの気を引こう(charm Pippa)キャンペーン”を決行中だそうです。
ピッパさんがハリウッドの大ファンであることを知り、自身をさりげなくPRしてもらうため、エヴァ・ロンゴリアを含む、知り合いのセレブたちの協力を得ようとしているのだとか。中でもケイト・ベッキンセールやスカーレット・ヨハンソンなどが力を貸してくれることを願っているそう。

婚約のニュースを聞いた後のヴィクトリアさんの行動も実に素早かったようで、お祝いに一面に敷き詰められた白いバラの花をピッパさん宛に贈ったそうです。近い関係者とやらいわく、「ちょっとやり過ぎのような気もするけれど、少なくともピッパさんの目には入ったはず。同様に山ほどの洋服のサンプルも送っていて、もしウェディングドレスのデザイナーに選んでくれるなら、ブランドのキャンペーンにピッパさんを登場させることも約束したみたい。とにかく可能な限りの手段は尽くしてアピールし続けているわ。結論が下されるまでは、止めないでしょうね。」
スゴすぎます、ヴィクトリアさん…。

狙った獲物は逃さない勢いのヴィクトリアさんの作戦は、はたしてピッパさんにどう響くのでしょうか。私予想は、ともに似たタイプのような気がするので、難しいそうに感じます。
とにかく、今後もドレス予測に関するウワサが絶えないことだけは間違いないですね。この勝負の勝敗は誰に…。

MIZUHO NISHIGUCHI

最終更新:8/30(火) 13:37

25ansオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヴァンサンカン

ハースト婦人画報社

2017年1月号
2016年11月28日発売

特別定価:880円

『25ans』は、華やかで幸せな女性たちに、
今の時代のラグジュアリーを体験するための
インターナショナル・マガジンです。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。