ここから本文です

「台風研究」の最前線──担うのは、次世代スパコン「ポスト京」

WIRED.jp 8/30(火) 7:40配信

過去30年間の台風の動向をもとに未来の台風の動向を計算している杉正人(気象庁気象研究所客員研究員)は、計算の結果、2075年以降の20年間は、温暖化の影響によって地球全体の台風の数は22パーセント減少するものの、非常に強い台風の数が6パーセント増加すると予測する。

【詳細を知る】日本が誇る全球雲解像モデル「NICAM」は計算が最も難しいとされる「雲」のモデリングを可能にする。

一方、佐藤正樹(東京大学大気海洋研究所教授)が研究しているのは、台風のときの降雨量などに影響を及ぼす、巨大な積乱雲群の移動現象だ。彼は過去10年間のデータをもとに、発生する積乱雲群の約1カ月後までの動きが予測できることを実証した。

両者はNICAMとスパコン「京」を用いて予測を行っているが、台風や積乱雲の詳細な様態を把握するには、京ではもはや演算処理能力が足りないと口をそろえる。必要なのは、より高解像度な雲のモデリングと長い年月の過去データを掛け合わせたシミュレーションだ。

台風や地震などの災害予測システムの構築、エネルギー問題や脳科学、太陽系外惑星誕生などの研究開発を推進するために、文科省と理化学研究所は京に代わる世界最速の処理能力の次世代スパコン開発を行うと発表した。京の100倍の計算性能(1エクサFLOPS前後)を目標に1000億円以上もの国費を投入する「ポスト京」は、2020年運用開始予定だ。

温暖化が台風に与える影響や気候変動の把握、台風の発生予測の精度向上などの災害予防システムの構築を図るためにも、次世代スパコン「ポスト京」の登場と活用が鍵を握っている。

(初出は2014年9月10日発売『WIRED』日本版VOL.13)

SHINTARO EGUCHI

最終更新:8/30(火) 7:40

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。