ここから本文です

社会問題を事業で解決 社会的インパクト経営の先駆者が伝授

オルタナ 8/30(火) 13:33配信

NPO法人いい会社をふやしましょう(神奈川県鎌倉市)とNPO法人Better than today(東京・目黒)は9月17日、ソーシャルインパクト経営をテーマにしたシンポジウムを開く。ゲストには、環境経営の元祖パタゴニアの辻井隆行日本支社長、社会起業の先駆けマザーハウスの山崎大祐取締役副社長らを招く。社会的課題を解決しながら、収益を上げていくビジネスモデルのつくり方について話し合う。(オルタナS副編集長=池田 真隆)

当日は、辻井氏と山崎氏がそれぞれ1時間弱講演し、その後、鎌倉投信の新井和宏投資責任者をファシリテーターに迎え、「社会をよくするビジネスのつくり方」をテーマにパネルディスカッションを行う。ソーシャルビジネスやCSVの担当者にはおすすめのイベントだ。

会場は、3×3 Lab Future(サンサンラボフューチャー、東京・千代田)。定員は120人で、参加費は3000円。シンポジウムは17時から20時までで、21時まで立食スタイルの交流会を行う。


【社会をよくするビジネスのつくり方~ソーシャルインパクト経営を考える~】
とき:9月17日(土)17:00~20:00
ところ:3×3 Lab Future 東京都千代田区大手町1-1-2 大手門タワー・JXビル1階
(東京メトロ東西線・千代田線・丸ノ内線「大手町駅」(C10出口)より徒歩約2分)
定員:120人
参加費:3000円
申込:NPO法人いい会社をふやしましょう 事務局までEメール
fuyasu@iikaisha.org (氏名・フリカナ・所属を記載してください)

最終更新:8/30(火) 15:23

オルタナ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「持続不可能」な漁業との決別
なぜ待てない? 資源の回復に必要な「我慢」
違法漁業や人権侵害、高まる企業リスク
ビジネスで追及する「真の美しさ」とは

Yahoo!ニュースからのお知らせ