ここから本文です

注目を集めるアンビエントノイズ。特に人気のアプリ3種が頂上対決

ライフハッカー[日本版] 8/30(火) 19:10配信

気が散るのを防いでくれるアンビエントノイズのアプリ。これを使えば、仕事に集中したり、眠りにいざなう穏やかで平穏な環境を作り出したりできます。けれど、あれもこれもとダウンロードしてしまうと、どれがいちばん自分に合っているのか決めかねてしまいますね。そこで、とりわけ人気の高いアプリ『Noisli』『White Noise』『Rain Rain』のボリュームを全開にして、実際に心地よい雰囲気を作り出せるのがどれなのか対決させてみましょう。

対決する3つのアプリ

アンビエントノイズ・アプリの概念は単純そうですが、対決する3者は、やっていることがみんな違います。もちろん、いずれも音を出すことには変わりないのですが、「何」を「どのように」するかで、よしあしが分かれます。では早速、選りすぐりの3者を詳細に調べ、それぞれ何ができるのかを吟味していきましょう。

■ Noisli――Noisliは、16種類のサウンドループを流すだけでなく、自在にミキシングしたり、音量を適度なレベルに調節してくれたりします。好きな音の組み合わせを保存でき、タイマーを内蔵し、ウェブアプリにはシンプルで操作しやすいテキストエディタも付属しています。また、生産性を高めたりリラックスしたりできるよう、背景色が変化します。Noisliは、有料のiOS版(240円)とAndroid版(240円)のほか、無料のChrome用プラグインとウェブアプリが提供されています。

■ White Noise――White Noiseには、無料バージョン、フルバージョン、プロバージョンの3種類があります。無料バージョンは、アプリ内に広告が表示され、ミキシング可能な40ものサウンドループとアラームサウンドが利用できます。フルバージョンでは、広告が表示されず、より多くのアラームサウンドが提供されます。プロバージョンになると、高音質のサウンドループが50個追加され、ミキシング時に音量やピッチの調節も可能です。気に入ったミキシング・サウンドの保存やサウンドごとのタイマー設定ができるほか、別のアプリマーケットから無料でサウンドループをダウンロードすることも可能です。フルバージョンとプロバージョンでは、デバイスでほかのアプリを使用中にバックグランドでアンビエントノイズを再生することができます。無料バージョンは、iOS版、Android版、Mac版、Windows版、Chrome版、およびKindle Fire版があります。フルバージョンには、iOS版、Android版、Kindle Fire版があります。そしてプロバージョンには、iOS版、Android版、およびMac版が用意されています。

■ Rain Rain Sleep Sounds――Rain Rain Sleep Soundsは、27種類のサウンドループが用意されており、追加のサウンドパックを購入することもできます。NoisliやWhite Noiseと同様に、複数のサウンドループをミキシングしてオリジナルのサウンドループを作り、保存することも可能です。また、各サウンドにスリープタイマーを設定できるほか、サウンドに反応して背景色が変わるオプションの設定もできます。Rain Rain Sleep Soundsには、iOS版、Android版、およびKindle Fire版があります。今のところウェブアプリは提供されていません。追加のサウンドパックは、0.99ドルから2.99ドルで購入できます。なお、オリジナルの25種類のサウンドループは無料です。

これ以外にも、『A Soft Murmur』『Coffitivity』『SimplyNoise』といった、たくさんの優れたアンビエントノイズ・アプリが存在しますが、上述した3つのアプリは米Lifehackerの読者が選んだもっともオススメのアプリ(英文記事)であり、価格、利用できるサウンド、カスタムオプションといった点で拮抗しています。

1/4ページ

最終更新:8/30(火) 19:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

ライフハッカー[日本版]の前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。