ここから本文です

岡崎、自らのゴールでハリルJ引っ張る「このチームに一番必要なのは…」

フットボールチャンネル 8/30(火) 7:20配信

 日本代表は29日、来月初旬のロシアW杯予選に向け、合宿2日目の練習を行った。

 自身3度目のアジア最終予選となる岡崎慎司は「(試合に)出るからにはゴールを取らないと意味がない」とストライカーとしての矜持を口にする。さらに「このチームに一番必要なのは自信だと思う。それを手に入れるためには勝たないといけないし、ゴールを取らないと勝てない。自分が点を取るという強い気持ちを持って、チームを引っ張っていけたら」と、チームのためにネットを揺らす決意を語った。

 得点にこだわるのはFWとしては当然のことかもしれないが、岡崎がそこに集中するのは「それ以外のプレーというのはあまり意識しなくてもできる自信がある」からである。仲間を助ける献身的なプレーも大きな特徴の一つだが、岡崎にまず求められるのはゴールだろう。

 すでに気持ちは臨戦態勢だ。「フレンドリーマッチでもないし、本番なので。緊張感もチームは持っている」と、“決戦モード”に入っている。

 もちろん、難なく突破できるほど最終予選は甘くはないだろう。これまでの成績を考えれば、日本とオーストラリアがW杯出場の有力候補だが、岡崎はこう話す。

「1試合1試合が本当に重要で、勝てばすごくラクになると思うし、僅差になってくると思う。みんなが(突破を)狙えるような予選っていうのはなかなかないので、そういう意味で一瞬の隙も見せられない」

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 アジア各国も成長を遂げており、日本がアジアカップでベスト8止まりだったことも忘れてはならない。「どこも勝つ可能性がある」と岡崎。6大会連続のW杯出場を懸けた、本当に厳しい戦いが始まろうとしている。

(取材:元川悦子)

フットボールチャンネル

最終更新:8/30(火) 7:20

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。