ここから本文です

高畑裕太 女子の前で全裸に…高校時代のあだ名は「露出狂」

女性自身 8/30(火) 0:00配信

 強姦致傷容疑で逮捕された高畑裕太容疑者(22)。高校時代には、千葉県内の有名校で野球に打ち込み、球場へ応援に訪れる母・高畑淳子(61)の姿が見られた。

 寮生活を送り、ポジションはキャッチャー。当時の同級生の1人は「高校時代から、今回の事件を連想させる行動はあった」と本誌に話した。

「裕太は、よく言えば“体育会系のムードメーカー”ですが、行き過ぎたところもあり、一時期、女子から敬遠されていました。休み時間の教室で男同士でふざけていると、裕太が突然全裸になるんです。女の子たちがキャーキャー騒ぐのを見て喜んでいました」

 何かというとふざけて脱ぎたがるため、陰では“露出狂”というあだ名が付けられていたという。

「当時、裕太には彼女がいましたが、自分で『性欲が半端ない』と話していました。卒業してからの飲み会でも、女友達にしつこくボディタッチして本気で嫌がられていて……。見かねた元野球部の友人たちからも、“裕太、マジで気をつけろよ!”と忠告されていましたが、本人は全然気にしていませんでした」

 必死で打ち込んだ野球だが、上のレベルには進めなかった。高校を卒業した裕太容疑者は、一転して母親の背中を追い、高畑の母校に進学する。

「裕太くんが役者を志して、母親と同じ演劇専攻のある短大に進学したいと言い出したあのときが、高畑さんの人生でいちばん幸せな瞬間だったと思います」(演劇関係者)

 それから4年、まさか強姦容疑で逮捕されることになろうとは――。

最終更新:8/30(火) 0:00

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。