ここから本文です

嵐、関ジャニ∞、Hey! Say! JUMP…ユニゾンの特徴から見えるグループの個性

リアルサウンド 8/30(火) 7:00配信

 海外のグループアーティストを見ると、ハーモニーを売りにするグループが少なくない。日本でも、徐々にその傾向が浸透してきているが、アイドルグループにおいてはユニゾンを武器とするケースが多く、ジャニーズもまた然りだ。ただし、ジャニーズの中でもユニゾンの特徴はグループごとに異なっている。今回は、ジャニーズの中から数グループをピックアップして、ユニゾンの特徴から見える、各グループの個性について考えてみたい。

■嵐

 数あるジャニーズグループの中でも、ユニゾンを多用した楽曲を長く発表し続けている嵐。実際、彼ら自身も以前、『日経エンタテインメント!』(日経BP社)のインタビューの中で「僕らの曲はユニゾン多いよね」(相葉)、「5人で歌うっていうのが嵐らしさなのかな」(二宮)とコメントしていたことがある。

 個々の歌に注目すると、「大野智=芯のあるしっかりした声」、「櫻井翔=安定感のある低音」、「相葉雅紀=特徴のあるファニーボイス」、「二宮和也=伸びのある高音」、「松本潤=やや鼻にかかるセクシーな声」と各々異なる特徴を持っている。つまり、1曲の中でソロパートが多くなると楽曲の印象に統一感を持たせることが難しいため、ユニゾンを多用しているのではないだろうか。これだけ声質が異なると、美しいユニゾンを生み出すこともかなり難しい。しかし、もちろんミックスに依るところもあるが、一人ひとりが声質を寄せることで美しいユニゾンを実現しているのだ。特に大野はソロパートではしっかりと自分の個性を出しているが、ユニゾンパートではその個性をおさえ、嵐の歌声に溶け込んでいる。嵐のユニゾンは、メンバーそれぞれの技量により成立する、まさにこの5人だから生み出される響きなのである。

■関ジャニ∞

 丸山隆平、安田章大、大倉忠義というハモりを得意としているメンバーがいるため、圧倒的にハモり曲が多い関ジャニ∞。少し前までは、ユニゾンをしていても個性がぶつかっている印象を受けた。例えば2011年に発表された「T.W.L」のサビを聴くと、荒削り感があることは否めないだろう。しかし最近ではユニゾンパートにまとまりが出たことにより、そのユニゾンが“エイトらしさ”を表現していると思う。例えば、「ガムシャラ行進曲」のサビの部分。錦戸亮と大倉がメロディラインの下で薄くハモりを入れているが、渋谷すばるの声を軸に他5人がきれいに声を揃えている。さらに、最新シングルの「罪と夏」のAメロ部分のユニゾンも素晴らしい。1コーラス目は渋谷と横山裕、丸山と村上信五、2コーラス目は大倉と安田がユニゾンをしているのだが、音程も声質もピッタリと重なっている。一方で、ユニゾンをしていてもどのメンバーの声か分かるというのは関ジャニ∞の特徴だろう。一人一人の個性を尊重するグループ性だからこそ、一人ひとりの持ち味を活かしたユニゾンが用いられているのかもしれない。

■Hey! Say! JUMP

 Hey! Say! JUMPは、恐らくほとんどの楽曲のサビがユニゾンで構成されているのではないだろうか。人数の多さを活かしてサウンドに厚みを出す様は、ユニゾンの醍醐味とも言えよう。そんなHey! Say! JUMPのユニゾンは基本的にグループの可愛らしいイメージに合うよう、高音が得意な知念侑李とグループの顔とも言える山田涼介の声を軸とし、それだけでなく楽曲によってユニゾンの軸を調整しているようにも聴こえる。例えば、八乙女光が主演を務めたテレビドラマ『ダークシステム 恋の王座決定戦』(TBS系)の主題歌「AinoArika」は八乙女の声が普段より目立つ。また、Hey! Say! JUMPらしい可愛らしさがありつつも元気な印象の「Chau #」では、メンバーの中でも元気キャラである有岡大貴の声が目立っている。人数が多い分、同じユニゾンでも楽曲によって印象を変えられるのはHey! Say! JUMPの強みと言えるだろう。

 8月12日放送の『「A.B.C-Z 今夜はJ's倶楽部」夏スペシャル』(NHKラジオ第1)にゲスト出演したNona Reevesの西寺郷太が、「ジャニーさんって、みんな見た目もカッコイイけど、声の特徴ある人選んでるのちゃうかなって」とコメントしていたように、彼らが生み出すユニゾンやハーモニーにはグループの個性が表れている。各グループのユニゾンの美しさに注目して聴いてみるのもまた面白いと思う。

高橋梓

最終更新:8/30(火) 7:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。