ここから本文です

自律走行車の次に来るべき「自律走行マンション」というコンセプト

WIRED.jp 8/30(火) 12:40配信

カナダのの重工業をリードする一大ファミリー企業、ボンバルディア。創業者の孫でもあるエンジニア、チャールズ・ボンバルディアは前回(下記リンク先の新しい乗り物)に引き続き、今度は「クルマと住宅のハイブリット」のコンセプトを披露してくれた。

【詳細を見る】ボンバルディア家の孫が考えた、SFに出てきそうな「新しい乗り物」

自律走行車の到来はもうすぐにも実現しそうだ。そして、実現したなら人々が街を移動する様子は一変するだろう。だが、近い未来の彼ら人類は、それをさらに突き詰めていくはずだ。

「トライディカ」は、ますます成長する都市での自動車の使い方を変えるために、わたしが考案した“無人運転電気自動車”のコンセプトモデルだ。

都市では空間は高価で、そして限られている。『チャーリーとチョコレート工場』風のマルチエレベーターに着想を得たトライディカは、自律走行車として利用でき、人は文字通り自分の家の隣にクルマを止めそれを部屋として利用できる。

車両は車輪を使わず、リニアモーターカーのように動く。磁石が車体を浮かせ車両を推進させるのだ。路線から電気を受け取り、どこでも命じた場所にあなたを連れて行く。

最大6人の搭乗者を想定した箱型の車内空間は調整できる仕様で、移動に適した場所へと設定したり、通勤中に仕事をするのに十分なオフィス空間をつくり出したりできる。新しいタワーマンションやコンドミニアムはこのような自動車を収容できるように設計・建設されるようになるかもしれない。

トライディカは、専用の傾斜路を使って建物の外壁と接続され、機械式のエレヴェーターシステムで持ち上げられ、あなたのマンションの部屋の前に止まることになる。住居側面の大きなスライドドアが開き、あなたを部屋に招き入れてくれる。車体やスマートフォンに記録した暗号化された署名を検知しドアが開く。

買い物袋で両手がふさがっているときに、エレヴェーターから直接部屋に入れるのがどんなに楽か、想像してみて欲しい!

わたしはこうしたシステムは、人を運ぶ手段として利用できると考えている。インフラが整ったある居住エリアから別のエリアまでを移動し、あなたはただ自動車に指示さえすればいい。

突飛な発想に思えるかもしれないが、交通手段以外の目的で自動車を使うのは、もはや不自然なことではない。

このコンセプトは、インド理科大学院の自動車デザイナー、アシシュ・サルカーとともにつくり上げた。

CHARLES BOMBARDIER

最終更新:8/30(火) 12:40

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

なぜ今? 首相主導の働き方改革