ここから本文です

『不思議惑星キン・ザ・ザ』の“SF=すこしふしぎ”な魅力ーー80年代ロシア発のカルト作を観る

リアルサウンド 8/30(火) 10:18配信

 あの『不思議惑星キン・ザ・ザ』がデジタル・リマスター化されてリバイバル公開されると聞いたときに、真っ先に思い浮かんだ感想をロシア(旧ソビエト)映画ファンらしい表現で言えば、「なんで今さら帰ってきたんだ」。これは2004年に公開されたアンドレイ・ズビャギンツェフの『父、帰る』のキャッチコピーである。

 何せ本作が日本で初公開となったソビエトSF映画祭が行われた1989年に生まれた筆者は、当然のように公開当時に観られるはずもなく、2001年のリバイバル時に奇抜な予告編に惹かれて観に行ったわけで。中学生になったばかりの少年にとってみては、一体何の映画を観に来たのか途中からわからなくなるし、シニカルすぎて笑いどころにも困るしで、すっかりソビエト映画のイメージもSF映画のイメージも180°変えられてしまったのである。

 それから15年間、あれだけ幻の映画と言われていたはずの本作は、至るところで上映され、DVDレンタルまでされるようになった。それでも鮮烈すぎる初見時の印象に負けて、なかなか手が出せずにいたが、こうして久々のロードショー公開となれば重い腰を上げることも苦ではない。そういうわけで、改めて観て思ったのは、「宇宙だと言い張れば宇宙の映画になる」ということだ。

 多くの映画が、設定を語らせることで説明臭くなってしまうにも関わらず、本作では何故か違和感がない。ひたすらハリボテのような宇宙船と、砂漠が広がる画面なのに、これはどう観たってスペースSF映画でしかない。映像技術が進化しすぎて、SF映画は一目でわかるようになった現代からすれば、強烈なキャラクターと不可思議すぎる設定だけでSF要素を勝ち取った本作は、アイデアの宝庫なのだ。『スター・ウォーズ』も裸足で逃げ出す設定密度の高さには驚嘆せずにはいられない。

 まさに、藤子・F・不二雄が言っていたような、“SF(すこしふしぎ)”の意味合いが本作にはよく似合う。普通の日常を送っていた男二人が、突然異星に連れて行かれ、まったく価値観の違う人間たちと友情を築いていく物語なのだから。しかも、当時のソビエト社会を風刺した内容を織り交ぜ、厳しい検閲をすり抜けるためにユニークで曖昧な描写でまとめている。このくらい小粋に社会風刺ができる知恵は現代人も忘れてはならないだろう。

 もちろん、製作から30周年という節目の年だからというのもリバイバル公開の大きな要因である。デジタル・リマスター化されるということは、それだけ今でも本作が愛されていて、上映の需要が多いということの何よりの証だ。しかも、公開当時批評家から散々な扱いを受けた本作を、真っ先に評価した映画祭の開催地と同じリオデジャネイロで、オリンピックが開催されたタイミングというのも面白い偶然だ。

 そもそもロシア映画が日本で劇場公開されているイメージはあまりない。ロシアやソビエトの映画といえば、アンドレイ・タルコフスキーやアレクサンドル・ソクーロフといった、いわゆる世界的映画作家の作品ばかりが一般的にロードショーされるばかりで、若干敷居の高いイメージが拭えていない。調べてみると、2001年以降で日本で劇場公開された作品は50本程度で、ここ数年の「未体験ゾーンの映画たち」などで上映されるロシア製アクション映画がその多くを占めているようだ。それでもイタリアに次ぐ製作本数を誇るロシアは、れっきとした映画大国なのだ。

 もちろん、この『不思議惑星キン・ザ・ザ』だって、ソビエト映画界が誇る偉大な作家の作品である。ゲオルギー・ダネリヤは50年代から活躍する監督で、ロシア最大の撮影所モスフィルムを代表する巨匠なのだ。なんとこのダネリヤ監督、2013年に自らの手で本作をリメイクしているのだから驚きである。13年ぶりに監督復帰した作品で、しかもアニメーションで本作を作り直したのだ。地球での場面が現代的に脚色されているだけで大筋は変わっておらず、一瞬でテレポートする場面や、中盤で突然現れる用語解説のテロップまで再現されている。あの妙に切なさの残るオリジナルのラストシーンも、少し雰囲気は変わるが、きちんと残されているのである。もっとも、ダネリヤにとって、それだけ思い入れの強い作品ということなのだろうか。

 しかし、いくら社会風刺が込められた巨匠の野心作といっても、小難しいものと錯覚してはならない(難解かどうかといわれれば充分難解な部類に入るけれども)。画面上では135分間、よくわからないおじさんたちが「クー!」と言っている映画なのだから、あまり気を張って観たら拍子抜けしてしまうだろう。世界中でSF映画がブームとなった80年代に、冷戦終結直前のソビエトが作り出した最も気の抜けた娯楽作を、純粋に楽しめばいいのだ。

久保田和馬

最終更新:8/30(火) 10:18

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。