ここから本文です

【8月30日~9月1日セ・パ第38節展望】広島はマジックを減らせるか、DeNAとCSを見据えた戦いに

ベースボールチャンネル 8/30(火) 18:10配信

<セリーグ>

1位・広島(10勝)- 3位・DeNA(10勝)M13  マツダスタジアム

 25年ぶりの優勝へひた走る広島がホームに3位・DeNAを迎える。ポストシーズンでの対決の可能性もあるだけに、五分となっているDeNAとは差をつけておきたい。初戦の先発は左腕エースのジョンソンが上がる。奇しくも相手は開幕戦で投げ合った井納だ。ジョンソンは現在3連勝中で、前回登板も星はつかなかったとはいえ、9回を0封に抑えている。2戦目は前回登板で4勝目を挙げた福井が登板予定だ。打線は、田中、菊池の1、2番コンビが好調をキープしている。打点王の新井をはじめ、80打点の丸、鈴木につなげていきたい。8月7日以降は連敗もなく順調に優勝マジックも減らしてきている。

 DeNAは先週阪神に3連敗を喫して3位が危ぶまれたが、前節2位・巨人に3連勝と息を吹き返した。初戦の先発は井納。前週、阪神戦で5回9失点と炎上した。広島戦は3勝防御率2.08と相性の良さを味方にして、立て直したい。2戦目は今季初めて三嶋にチャンスが与えられそうだ。ファームで18試合に登板、8勝6敗、防御率3.55の成績を残している。入団時から期待されてきた右腕だけに、逆襲を期したいところだ。打線は3試合で24得点と機能した。本サイトのコラムでもキーマンとして取り上げたロペスが復調し、筒香、宮崎、桑原、梶谷と仕事を果たすべき選手たちが活躍しているのが大きい。DeNAにとっては、首位・広島といかに戦っていくかは終盤戦、クライマックスシリーズと非常に重要になってくる。


2位・巨人(11勝)- 4位・ヤクルト(9勝) 福井、富山

 よもやの5連敗を喫した巨人は状態が良くない。ベテランたちで落としてきた流れを、初戦先発のエース・菅野がどう歯止めをかけるのか注目したい。昨季まで、ヤクルトとの相性は良くなかったが、今季はほとんど得点をとられていない。完ぺきに近いピッチングで連勝中のヤクルトに立ちはだかりたい。2戦目は田口が先発か。連勝中もさることながら、3失点以内のピッチングを続けている。試合を作り、攻撃のリズムを呼び込みたい。打線は連敗中とはいえ、振れていないわけではない。坂本勇人が打率、出塁率とも高い水準をキープし、4番の阿部が怖さを発揮している。ディフェンス面の課題をどう乗り越えていくかだろう。

 5連勝中で逆転CS進出を目指すヤクルトは2位・巨人までを引きずり下ろしたいところだ。初戦の先発は腰のハリが癒えた杉浦が復帰する。とはいえ、今季の防御率6.98と相手先発が菅野であることを考えると、多くを求められない。どうにか打撃戦に持ち込めるよう、どこまで失点を減らせるか。2戦目は2試合連続完投中の小川が上がる。ここへきて調子を上げてきた。しっかり勝ちきりたい。打線は、主砲・バレンティンが好調だ。三振の多さは変わらずだが、ミスショットが少なくなってきている。坂口、山田も好調を維持している。この2連戦のあと、広島戦を控えているだけに、しっかり勝ちきりたい。


6位・中日(9勝)- 5位・阪神(12勝) ナゴヤドーム

 最下位・中日は戦い方に注目したい。外国人投手ばかりを起用しているが、どのような将来を見据えて戦っているのかが気になるところだ。初戦の先発は中5日でバルデスが上がる予定だ。好調の吉見を後ろに回してまで先発させるのだから、算段があるのだろう。2戦目の吉見は前回登板は7回を零封。ここ数試合は吉見らしい投球が戻ってきているだけに、期待は大きい。今季の阪神戦は分が悪いが、乗り切りたい。打線は28日の試合で打線が爆発。強力・広島打線に打ち勝っている。3番・森野が貴重な打点をマークし、若い選手らが絡んだことは非常に大きい。

 阪神は前節3連敗で5位に転落。前節の前までは3位・DeNAに0.5差まで迫っていただけに、非常にもったいなかった。この2連戦は、初戦が藤浪、2戦目はメッセンジャーと確実に勝利を取り切らなけばならない。藤浪は今季6勝9敗と苦しんでいるが、前回登板は、初めてルーキーの坂本と組み、7回1失点とゲームを作って勝利を挙げている。2戦目のメッセンジャーは今季の中日戦3勝1敗と結果が出はじめているので、期待していいだろう。打線は今節も、高山、北條、中谷ら若い力に、福留を絡めていきたい。まだ継続して力を発揮できないのは若さゆえだが、今の経験が来季以降に必ず生きてくるはずだ。

1/2ページ

最終更新:8/30(火) 18:10

ベースボールチャンネル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。