ここから本文です

永六輔さんお別れ会 黒柳徹子「心からの友だちだった」

女性自身 8/30(火) 19:42配信

放送作家や作詞家、タレントとして活躍し、7月7日に肺炎で亡くなった永六輔さん(享年83)のお別れの会が30日、東京・青山葬儀所で行われ、タレントの黒柳徹子(82)ら各界の著名人が参列した。

祭壇には20代、50代、70代後半の永さんの遺影が並べられ、記帳の代わりに参列者がメッセージをポストに投函できる「お便りコーナー」も設けられた。

永さんと60年以上の親交があり、お別れ会の発起人代表でもある黒柳は「永さんは私の葬儀委員長をやるとおっしゃっていたのに、思惑を外してしまいましたね」と語りかけ、「本当に、いいお友だち以上の、同志でも戦友でもなく、何て言うんでしょうね。心からの友だちでした。いなくなって心にぽっかり穴が開いた気持ちです。はっきり言って、永さんのいないこの世の中は非常につまらないと思います」と涙を浮かべながら別れを悼んだ。

この日は、作曲家の小林亜星(84)や、フリーアナウンサーの久米宏(72)、女優の柏木由紀子(68)ら芸能関係者を含め、700人以上が参列した。

最終更新:8/30(火) 19:42

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。