ここから本文です

アーセナルが“ガラスの天才”の移籍を容認 期待を裏切り続けた10番をレンタルで放出か

Football ZONE web 8/30(火) 13:02配信

相次ぐ負傷により、昨季はわずか3試合の出場だったウィルシャー

 アーセナルはイングランド代表MFジャック・ウィルシャーのローン移籍を容認。負傷が多く、出場機会の少ない背番号「10」に移籍の可能性が浮上している。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 10代の頃からイングランドで将来を嘱望されてきたウィルシャーだが、負傷の多さに悩まされて、毎年のように離脱を繰り返している。昨季はリーグ戦3試合の出場にとどまった。

 今夏の欧州選手権ではレスターの優勝を支えたMFダニー・ドリンクウォーターを差し置いて、本大会登録メンバーに選ばれたがインパクトを残せず。ロイ・ホジソン前監督の選手選考には批判も噴出した。

 そして、28日に発表されたサム・アラダイス新監督による初のイングランド代表招集メンバーから落選。新指揮官は「ジャックは十分な出場時間を得られていない。アーセナルで毎週プレーしていれば、スカッドに入っていただろう」と期待を寄せているだけに、やはり鍵となるのはコンスタントなプレー機会となりそうだ。

出場機会を求めて期限付き移籍か

 負傷の影響はもちろんあるに違いないが、現時点ではアーセナルで実力的にも定位置を奪うのは難しい状況だ。ウィルシャーの得意とする中盤センターには新加入のスイス代表MFグラニト・ジャカや負傷から復帰したスペイン代表MFサンティ・カソルラをはじめ、フランス人MFフランシス・コクラン、エジプト代表MFモハメド・エルネニーなど戦力が揃う。トップ下もドイツ代表MFメスト・エジルの定位置となっている。

 アーセナルは24歳のレフティーについて、ローンでの移籍を容認しているという。今季は2試合に途中出場しているが、いずれも出場時間は20分程度にとどまっており、指揮官を満足させるほどの印象は残せていない。

 エースナンバー「10」を託されながら、期待を裏切り続けてきたウィルシャー。“ガラスの天才”が復活を遂げるためには、一度アーセナルを離れる時間が必要なのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/30(火) 13:02

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。