ここから本文です

巨額のシステム開発は、なぜ破綻するのか? --- 生島 勘富

アゴラ 8/30(火) 16:33配信

先日、セブン―イレブン・ジャパンが情報システムを刷新するのに520億円の投資を行うと発表がありました。(コンビニ、欠品ゼロへ セブン、10年ぶり新システム 520億円投資(http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ19I2X_U6A820C1MM8000/))

みずほ銀行は4000億円もの巨額のシステム投資をしましたが破綻のうわさ(http://matome.naver.jp/odai/2146807451305423501)も出ているように、システム投資は失敗に終わることが非常に多い。特に巨額になればなるほど、サクラダファミリアのようにいつ完成するか分からない状態になりがちです。

そこで巨額のシステム開発は、なぜ破綻するのか、何度もそのような現場に立ち会ってきた立場から一般の人にも分かるように説明したいと思います。

見積りは勘、終わるかは運次第

システム開発は建築と似ていますので(これがそもそもの間違い)、建築に例えますと……。

 1.お客様からどんな建物が良いかヒアリング
 2.お客様の希望を元に設計を行う
 3.基礎(土台)を作る
 4.外形を作る
 5.外装をする
 6.内装をする

というような順に作られていきます。

しかし、システム開発は、建築よりもお客様が完成形をイメージできてないことが多いという問題があります。もちろん、建築でも外装や内装での問題が起きることが多いでしょうが、システム開発では、その変更が建築よりも多い訳です。
しかも、外装や内装の変更で、土台まで変更することが起きやすい構造になっています。

ですから、土台を変更すると、更に別の変更が発生することになり、それが土台の別の部分の変更に発展する。

つまり、

 土台が変わる
 → 建物を変更する必要が出る
 → 土台に矛盾が出る
 → 土台を変更することになる
 → (最初に戻る)

というループが起きるのです。

例えば、以前に数十億円規模の証券会社のシステム開発に参加しましたが、

 土台の変更が自分の担当範囲に影響ないか調査
 → 影響があったとき、自分と担当範囲の修正(書類・プログラム)
 → 更に、土台の変更が必要になったとき申請
 → 土台の担当者が申請を採用するか検討
 → 土台の変更
 → (最初に戻る)

という作業を、毎週200人近い技術者が行い、それが1年以上も続くのです。
「いつ完成するんだろう」
というサクラダファミリアの担当になったような気分が分かってもらえるでしょうか。

みずほ銀行のシステムでは最大8000人の技術者がいたそうですから、少しずつでも完成に近づくというよりも、毎週完成度が落ちていくという日々が続いたことでしょう。

このループがどれぐらい続くかは、勘(経験則)で見積もって、バッファとして見積額や納期に上乗せします。
運よくバッファ内に収まれば成功、収まらなければ失敗となります。
変更が、「お客様の責任か」という駆け引きもしますが、少なくとも当初の納期は守れません。

「バッファに収まらない事態」になったときは、大量の変更が発生している状態で、とにかく人海戦術で直すしかなく、8000人もの技術者を集めることになったりします。

勘と、運と、人海戦術という泥臭いことになるため、「IT土方」などと揶揄されたりするわけです。

1/2ページ

最終更新:8/30(火) 16:33

アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。