ここから本文です

デシャン監督が仏代表MFの古巣移籍に太鼓判 「ユベントスに行ってもうまくやれる」

Football ZONE web 8/30(火) 15:11配信

去就問題の渦中にあるマテュイディ 代表指揮官として早期決着を求める

 フランス代表のディディエ・デシャン監督が去就問題の渦中にあるパリ・サンジェルマンの同代表MFブレーズ・マテュイディについて「今の状況は好ましくない」と、移籍問題の早期決着を求めた。同時に獲得が噂される指揮官の古巣ユベントスに行ったとしても、「うまくやれる」と太鼓判を押している。イタリア衛星放送局「プレミアム・スポーツ」が報じた。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 マテュイディは今夏の移籍市場最終盤で、イタリア王者ユベントスへの移籍が取り沙汰されている。欧州選手権では中盤のレギュラーとして準優勝に大きく貢献したダイナモだけに、ワールドカップ予選が始まる直前の去就問題は代表監督にとって歓迎できない事態になっている。デシャン監督は、移籍先の候補が古巣のユベントスであっても残留を望んでいるようだ。

「まだ彼と直接は話していないが、PSGの会長は彼と契約を残しているから移籍への扉を閉じると話している。実際に、今は以前よりも試合に出る機会が減っている。残留して、依然と同じように試合に出てくれると嬉しい。今の状況は好ましくないね」

 今季のマテュイディは、ウナイ・エメリ新監督が就任して以降スタメンを確保できていない。リーグ3試合はいずれも途中出場で、3試合を合計してのプレータイムは53分間と苦しい状況が続いている。デシャン監督は、その要因が移籍の可能性が残っていることにあると考えているようだ。

「彼はインターナショナルレベルの選手」

 その一方で、仮に自身の古巣ユベントス移籍が成立したとしても、マテュイディならばレベル的に問題がないとも話している。

「彼はインターナショナルレベルの選手だ。どこのチームに移籍しても問題なくそのチームに合わせられるし、ユベントスに行ったとしてもうまくやれるだろう」

 フランス代表は1日にイタリア代表との親善試合が予定され、6日はワールドカップ予選の初戦をベラルーシと戦う。今季は8月31日の移籍市場最終日の翌日に試合が組まれている代表チームが多く、メディカルチェックの必要性を考えると代表クラスの選手に土壇場での移籍が成立する可能性は小さいとされるが、フランスとイタリアは地理的にも近く、その例外になり得る。最後まで目が離せないマテュイディの去就問題は、果たしてどのような決着を見るのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/30(火) 15:11

Football ZONE web