ここから本文です

レスターが狙う総額68億円補強! スポルティングのエース&セントラルMFを“ダブル獲り”へ

Football ZONE web 8/30(火) 16:03配信

英紙報じる 岡崎の新ライバルとしてスリマニ獲得の噂が再燃

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティが、5000万ポンド(約66億5000万円)以上を投じてポルトガルの名門スポルティング・リスボンからアルジェリア代表FWイスラム・スリマニ、ポルトガル代表MFアドリアン・シウバの2選手を獲得する可能性が浮上している。英紙「ガーディアン」が報じている。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 レスターは昨季終了時点から新FWのターゲットとしてアルジェリア代表のスリマニに注目していた。クラブ歴代最高額の1600万ポンド(約21億円)でナイジェリア代表FWアーメド・ムサを獲得したことでトーンダウンしていたが、移籍マーケット閉幕が迫るなかでスリマニ獲得の噂が再燃していた。

 レスターの2500万ポンド(約33億円)というオファーは断られ、獲得のためには3000万ポンド(約40億円)が必要と見られている。レポートによればウェスト・ブロムウィッチから届いたオファーも断られたというが、本人はプレミアリーグ移籍を希望しており、レスターのクラウディオ・ラニエリ監督もスリマニ獲得を希望している。加入が実現した場合、FWのポジション争いはさらに激化するため、昨季リーグ戦6得点のFWレオナルド・ウジョアが放出候補になるとも伝えられている。

シウバはプレミア初参戦をほのめかす

 そしてもう一人のターゲットは、今夏の欧州選手権を制したポルトガル代表優勝メンバーの一人であるシウバ。今年2月に下部組織からプレーするスポルティングとの契約を2020年まで延長したばかりで、移籍金は2100万ポンド(約28億円)と推定されている。選手本人がポルトガル紙「オ・ジョゴ」のインタビューで、「打診があった。レスターはとても興味深いし、僕のキャリアの目標に合致する」とプレミア王者への移籍をほのめかす発言を残している。

 計15年間プレーした名門を離れ、27歳にしてイングランド初挑戦を果たす可能性は高そうだ。身長175センチと小柄なシウバだが、テクニックに優れ、クラブではセットプレーのキッカーを務めるなどキック精度も高いセンターハーフ。現在のレスターにはいないタイプで、選手層に厚みを加える貴重な戦力となりそうだ。

 ポルトガルの名門からのダブル獲りは実現するのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/30(火) 16:03

Football ZONE web