ここから本文です

プロ入り直前で血栓症の診断受けた山本脩斗。「まさにお先真っ暗」。苦難経て抱いた感謝の念【The Turning Point】

フットボールチャンネル 8/30(火) 10:20配信

 サッカー選手の旬の時期は人ぞれぞれ。若くして豊かな才能を満開にする花があれば、辛抱強く力を蓄え、やがて咲かせる大輪の花もある。後者は、いかにしてプロの厳しい生存競争をくぐり抜け、脚光を浴びるに至ったのか。のちの躍進につながるターニングポイントに興味があった。第1回は鹿島アントラーズの山本脩斗選手にご登場願った。盛岡商業、早稲田大、ジュビロ磐田と経て、2014年の鹿島移籍を期に大きく飛躍。不動の左サイドバックとして、常勝軍団の一翼を担っている。(取材・文:海江田哲朗)

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

プロ入り直前で原発性左鎖骨下静脈血栓症に

――選手として年輪を重ねるごとにじわじわ力をつけてきた、いわゆる遅咲き、晩熟型のプレーヤーにスポットを当てるシリーズなんです。それぞれのターニングポイントはどこにあったのだろうと。

「なるほど、了解です」

――段階的に上がってきたという自覚がありますか?

「僕はもとからそういうタイプ。苦労というか、我慢の時期のほうが長かった。プロに入ってからは特にそうですね」

――といっても、高校時代は強豪の岩手・盛岡商業(以下、盛商)で、2年から10番を背負った。

「わりと最初の頃から試合で使ってもらえました。ただ、やっている充実感、プレーの満足度はまた別で、徐々に上がってきたと思います。中学、高校、大学とそのステージごとに少しずつ力をつけて」

――早稲田大では全日本大学選抜、U‐21日本代表にも選抜されています。2008年、ジュビロ磐田に加入し、09年には21試合に出場。キャリアの歩みは順調そのものじゃないですか。

「21試合出たとはいえ、スタメンとサブは半々くらいですよ。残り5分、10分の出場も何度かあった」

――サイドバックでの起用は、柳下正明監督のアイデアだそうですね。

「ジュビロに入った最初の年、ヤンツーさん(柳下監督)はコーチだったんですが、最後の天皇杯だけ指揮を執ることになったんです。そこで、がらっとメンバーを変えるぞと言われ、サイドバックをやってみろと」

――以降、左サイドバックが主戦場に。どこにきっかけが転がっているかわからないものですね。ひとつ、気になる出来事を通り過ぎてしまいました。プロ入りの際、ページェット・シュレッター症候群(原発性左鎖骨下静脈血栓症)に罹っていますね。この影響は大きかったのでは?

「プレーには影響はしてないです。ジュビロに入り、活躍できなかったのは自分のせい。要所要所でチャンスをもらいながら、継続して高いパフォーマンスを発揮できなかった」

1/3ページ

最終更新:8/30(火) 10:20

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ