ここから本文です

終戦記念日の天皇陛下のお言葉と安倍首相発言の「温度差」 --- 田原 総一朗

アゴラ 8/30(火) 16:40配信

8月15日、今年も終戦記念日を迎えた。日本武道館では、全国戦没者追悼式が政府主催で開かれた。

正午の黙祷の後、安倍晋三首相が哀悼の意を表明した。「尊い犠牲の上に、私たちが享受する平和と繁栄があることを、片時たりとも忘れません」と。そして、「戦争の惨禍を決して繰り返さない。これからも、この決然たる誓いを貫き、歴史と謙虚に向き合い、世界の平和と繁栄に貢献」すると宣言した。

安倍首相に続いて、天皇陛下が「さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします」「深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります」とお言葉を述べられた。

天皇陛下のお言葉と、安倍首相の哀悼の意に、「温度差」を感じたのは僕だけではないだろう。天皇陛下はさきの大戦について、「深い反省」との表現を昨年に続いて使った。だが、安倍晋三首相は「反省」について触れていない。そのかわり、「世界の平和と繁栄に貢献する」と、「積極的平和主義」を示すような文言を入れているのだ。

この1週間前の8月8日に天皇陛下は、「全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないかと案じています」というお気持ちを表明している。具体的な文言を避けているが、「退位」の意向を示したのだ。

天皇陛下の「生前退位」への希望表明を、僕は安倍首相の憲法改正に対する、対抗なのではないか、と考えている。天皇陛下は政治に言及できない。しかし、現在の憲法を護りたい、と思っておられることは明らかだ。

ところが今回の参議院選挙で、自民党など改憲勢力が3分の2を超える議席を獲得してしまった。改憲の発議に必要な議席を確保したのだ。安倍首相のもとで改憲が行われることに、相当な危機感を持たれたのではないか。

もちろん、ご自分の健康への不安があるのは事実だろう。だが、「生前退位」を実現すべく、皇室典範の改正が必要になれば、安倍内閣は憲法改正に傾ける労力をそがれるのではないか――。こう考えるのは、うがちすぎだろうか。

僕は終戦記念日の式典を見て、改めて天皇の「密やかな抵抗」を感じたのである。

編集部より:このブログは「田原総一朗 公式ブログ」2016年8月29日の記事を転載させていただきました。転載を快諾いただいた田原氏、田原事務所に心より感謝いたします。オリジナル原稿をお読みになりたい方は、「田原総一朗 公式ブログ」(http://www.taharasoichiro.com/cms/)をご覧ください。

田原 総一朗

最終更新:8/30(火) 16:40

アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。