ここから本文です

ブラジル代表の新キャプテンに33歳D・アウベスが意欲 「僕には豊富な経験がある」

Football ZONE web 8/30(火) 21:28配信

リオ五輪後にネイマールが主将の座を返上

 今季バルセロナからユベントスに加入したDFダニエウ・アウベスが、ブラジル代表キャプテン就任に意欲を見せている。ユベントス専門のニュースサイト「トゥットユーベ・コム」が選手のコメントを報じている。

歴代の名手が勢揃い! バルサが売却した「高額移籍金選手トップ10」

 ブラジル代表はリオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得したチームの中心だったFWネイマール(バルセロナ)が、「僕は代表主将のキャプテンマークを託された。愛情とともに受け取り、誇りとしてきた。キャプテンを務めることは栄誉だけれど、ここで降りたい。チッチ(代表監督)は今から、別のキャプテンを探すことになる」と五輪の決勝後に語り、キャプテンを他の選手に譲ることを宣言していた。

 そうした状況にバルセロナの黄金期を支え、ブラジル代表としても88試合に出場。2010年、14年と2度のワールドカップ(W杯)を経験している33歳のサイドバックが、その大きな責任を引き受けることに意欲を示している。

「僕は準備ができているよ。一度として責任から逃れようとしたことはないんだ。キャプテンには代表チームの選手としての豊富な経験が求められるが、自分にはそれがあるはずだ」

かつてはカフーがSBでセレソン主将に

 ブラジル代表では、かつて元日本代表MF中田英寿とローマでともにプレーしたカフーがキャプテンを務めていたように、サイドバックの選手がキャプテンを務めた実績はある。W杯南米予選で現在6位と苦戦が続くなか、リオ五輪で“2人のガブリエル”ことFWガブリエル・ジェズスとFWガブリエル・バルボサが活躍したように、若手の台頭も目立っている。

 そうしたチームをまとめ上げ、国民やレジェンドからの強大なプレッシャーと批判の矢面に立つ覚悟をアウベスは示している。キャリアの円熟期に入ったサイドバックは、セレソンのキャプテンマークを巻いてプレーすることになるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/30(火) 21:28

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。